【参考図書】


《野鳥関係》
  書籍名 出版社 著者 所感

日本の野鳥
山と渓谷社 叶内拓哉
上田秀雄
識別やHPにデータUPする際に使っている図鑑で、国内で観察される479種を掲載しています。
掲載種も多めで、1種における写真点数も多く、解説も詳しく書かれているので…「とりあえず図鑑が欲しい」って方には超オススメ!
(※それでも間違っている箇所もあります)
私の持ってるのは第1版…使いすぎて、もうボロボロです。

フィールドガイド
日本の野鳥
増補改訂版
日本野鳥の会 高野伸二 日本野鳥の会から出版されているイラスト図鑑
日本で観察されたことのある野鳥全種が掲載されている。
解説も丁寧で使いやすい!
この図鑑と写真図鑑が1冊あれば十分事足りると思う。
日本の鳥550
(山野の鳥)
増補改訂版
文一総合出版 五百沢日丸
山形則男
同本の2000年増補改訂版!
主に山野で見られる鳥類292種と外来種20種を豊富な写真で紹介しています。
中身は、レイアウト的にちょっと見づらい…
日本の鳥550
(水辺の鳥)
文一総合出版 桐原政志
山形則男
主に水辺で見られる鳥類272種と外来種6種を豊富な写真で紹介しています。
やはり中身は、ちょっと見づらい

  書籍名 出版社 著者 所感

シギ・チドリ類
ハンドブック
文一総合出版 氏原巨雄
氏原道昭
いつも大変お世話になっている氏原さん著のシギチドリ類イラスト図鑑です。
識別が難しいと思われがちなシギ・チドリ類をイラストで分かりやすく解説されています。
携帯に便利な大きさで、春・秋のシギチウォッチングには欠かせません!

カモメ識別
ハンドブック
文一総合出版 氏原巨雄
氏原道昭
こちらも氏原さんのカモメ類イラスト図鑑
識別の難しいと言われるカモメ類をイラストで分かりやすく解説されています。
これも携帯に便利な大きさで、冬場のカモメウォッチングでは欠かせません!

野鳥と木の実
ハンドブック

文一総合出版

叶内拓哉

この一冊があれば、どんな木の実に小鳥があつまるのかが分かります!
木の実が熟れるころには必携の一冊です。


野鳥の羽
ハンドブック

文一総合出版

高田勝
叶内拓哉

フィールドに出ていると、鳥の羽を拾うことも少なくありません。
「羽を拾っても何の羽か分からない」ということも多いんじゃないでしょうか?
そんな時役立つハンドブックがコレです!

より沢山の羽が掲載されている「原寸大写真図鑑 羽」もオススメですが…高額です。。

新訂
ワシタカ類飛翔
ハンドブック
文一総合出版 山形則男 日本で見られるワシタカ類の飛翔写真いっぱいの図鑑です。
あまり活躍の場がないのですが…春・秋のタカ渡りウォッチングには、とりあえず必携しています。
海鳥識別
ハンドブック

文一総合出版

箕輪義隆

海鳥を観察できる機会はそうないんですが…
フェリー航路等の海上での観察では重宝します。

  書籍名 出版社 著者 所感
Gulls Of
North America,
Europe,
And Asia
  Klaus Malling Olsen
Hans Larsson
カモメ類のイラストと写真がどっちゃりの洋書図鑑
私自身は、英語が超々苦手なんですが…
イラストと写真だけでも見応え十分です♪
Gulls of
the Americas
 

Steve N. G. Howell
Jon L. Dunn

同上

  書籍名 出版社 著者 所感
決定版
日本の探鳥地
北海道編
文一総合出版

Birder編集部

何時かは行ってみたい、北海道の探鳥地ガイド!

決定版
日本の探鳥地
東北編
文一総合出版

Birder編集部

まだ降り立ったことのない、東北地方の探鳥地ガイド!

決定版
日本の探鳥地
関東・甲信越
北陸編
文一総合出版

Birder編集部

あまり縁はありませんが…関東・甲信越・北陸地方の探鳥地ガイド!

決定版
日本の探鳥地
首都圏編
文一総合出版

Birder編集部

何かと縁のある、首都圏(関東地方)の探鳥地ガイド!

決定版
日本の探鳥地
東海・西日本編
文一総合出版 Birder編集部 私のお膝元?近畿地方の他、東海・中国・四国地方のオススメ探鳥地を紹介しています。
このガイドのおかげで結構♪オイシイ♪思いしています。
決定版
日本の探鳥地
九州・沖縄編
文一総合出版 Birder編集部 いつか行ってみたい九州・沖縄方面への探鳥旅行…
いつやってくるか分からない日のために読んで予習してます(笑)
関西周辺
探鳥地ガイド
山と渓谷社   実は…私、この本の「淡路島北部」ってとこ執筆しています。
え〜っと…と言うことで、よろしくお願いしますm(_ _)m
  日本の探鳥地
(東日本編)
日本野鳥の会 日本野鳥の会 日本野鳥の会編の探鳥地ガイド!
北海道・東北・関東地方の主な探鳥地を紹介しています。
97年夏の道東遠征の際は、この本を参考に探鳥地を決めました。
  日本の探鳥地
(西日本編)
日本野鳥の会 日本野鳥の会 日本野鳥の会編の探鳥地ガイド!
中部・近畿・中国・四国・九州地方の主な探鳥地を紹介しています。
バードウォッチングを始めて間もない頃は、この本を参考にして近県の探鳥をしてました。

《昆虫関係》
  書籍名 出版社 著者 所管
山と渓谷社 ヤマケイポケットガイド/第18巻 水辺の昆虫 山渓ポケットガイド
第18巻
水辺の昆虫
山と渓谷社 今森光彦 トンボ類の識別は、この図鑑とWEB図鑑で識別しています。
トンボ約70種、その他約80種の計150種掲載…
トンボはもう少し掲載種を増やして欲しいですねぇ。
1種における写真点数も少なめで、識別用としては、かなり物足りませんが、入門用ポケットガイドと言うことを考えるとこの辺が妥当なのかも?
山渓ポケットガイド
第9巻
チョウ・ガ
山と渓谷社 松本克臣 チョウ類の識別は、この図鑑とWEB図鑑で識別しています。
チョウ約190種、ガ約80種を掲載…結構載ってます!
これも上の「水辺の昆虫」と同じで写真点数は少な目。