戻る
最新情報
店内の様子
「あずみそば」誕生の歴史
蕎麦豆知識
お品書き
店舗案内
リンク
「あずみそば」誕生の歴史

昭和38年のある日、信州松本の片田舎、蕎麦屋の暖簾を 二人の初老の紳士がくぐった。一人は「信州松本の民芸家具の創始者」 池田三郎氏。もう一人は「大原美術館の創始者 大原孫三郎」の後継者 であり「倉敷紡績社長」の大原總一郎氏。そしてこの人こそが "あずみそば"の歴史を創った人物である。大の蕎麦通として全国津々浦々、 旨いと言われる蕎麦を食べ歩いていた大原氏にとって、地元倉敷に 本物の蕎麦屋を作り、いつでも大好きな蕎麦を食すのが 永年の夢であった。しかし、求める蕎麦に巡り合う機会がないままに、 松本の間口一間程の蕎麦屋に入った。そこで「これこそが自分の探 し求めていた味だ」と、気が付けば六枚の盛り蕎麦をたいらげていた。 これが大原氏と"あずみ"の出会いである。

こうして約二年間に渡る倉敷への誘い・・・。決して無理強いは せず、三顧の礼をもって先代夫婦を遇し、ようやく昭和41年6月、 倉敷美観地区に先代の出身地、信州"安曇野"の地名から名付けた 「あずみそば」が誕生した。


それから40年余り、大原氏のこだわりの味は、先代そして二代 目へと受け継がれ、頑なに「本物の手打ち蕎麦」の味を守り続け ております。

そして平成17年3月、創業50年を機に、京都市中京区御幸町 に京都店を開店。お客様お一人おひとりに、手打ち蕎麦本来の 「食感や喉ごし」を楽しんで頂き、あの時の大原氏と同じ気持 ちを感じていただければ幸いに存じます。

京都店・倉敷店共々末永くご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。
二代目 店主

尚、店内のテーブル・椅子は、「信州松本民芸家具」を使用しています。