500 Internal Server Error

Internal Server Error

The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.

Please contact the server administrator, root@localhost and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error.

More information about this error may be available in the server error log.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.


Apache/1.3.42 Server at www3.tok2.com Port 80
今日のひとこと過去ログ 



2009年12月〜2010年4月
I'm a slut but I'm not a lying slut.
「私はアバズレですが、嘘つきのアバズレではないもんでね」
by 「スウィート」・コニー・ハムジー、スーパーグルーピー。ビル・クリントンとの関係を否定して。


2009年6月〜11月 This is the next and more profound stage of the battle for civil rights. We seek not just freedom but opportunity - not just legal equity but human ability - not just equality as a right and a theory, but equality as a fact and as a result.
「公民権のための戦いはよりいっそう深い段階に入るのです。我々が求めているのは自由だけではなく、機会です。法的平等だけではなく、人間の可能性を示すことです。権利や理論としての平等だけではなく、事実や結果としての平等を求めているのです」
by リンドン・ジョンソン(1965年6月4日にハワード大学で行ったスピーチより)


2008年12月〜2009年5月

I burn, I pine, I perish.
「俺、燃え上がって恋焦がれて死んじゃうよ!」

The Taming of the Shrew 『じゃじゃ馬ならし』第1幕第1場、ルーセンシオの台詞。


2007年11月〜2008年11月

Justice: Know whom you speak to?
Elizabeth: A man; perhaps no man. Men in gay clothes,
whose back are laden with titles and honours, are within far
more crooked than I am, and if I be a witch, more witch-like.

判事:誰にしゃべってるのかわかってるのか?
エリザベス:どっかの男にだよ。いや、たぶん男じゃないね。派手な着物を着こんで、
背中に称号やら名誉やらをいっぱい背負ってるのに、中身ときたら
私よりも曲がってて、もし私が魔女だっていうんならもっと魔女らしい男どもってとこだ。
(ロウリー、デッカー、フォード『エドモントンの魔女』第四幕第一場)


2007年7月〜10月
'I keep livin' this day like the next will never come.'
「あたしは明日なんか来ないみたいに今日を生き続けてしまう」
  by Fiona Apple, 'Criminal'

'If you close the door, I'd never have to see the day again.'
「君がドアを閉めたら、俺はもう二度と日の光なんぞ見ずにすむ」
  by Velvet Underground, 'After Hours'

2007年6月
There's beggary in the love that can be reckon'd.
「はかりにかけて勘定できる愛など卑しきものだ」
(『アントニーとクレオパトラ』第一幕第一場)

 You don't know what love is / You just do as you're told / Just as a child of ten might act / but you're far too old.
「あんたは愛の何たるかを知らない/言われたとおりにしてるだけじゃないか/10歳のガキみたいに振る舞ってさ/でもあんたはそれにしちゃ年をとりすぎてる」
 The White Stripes,  'You don't know what love is (You just do as you're told)'

2007年4月
April is the cruellest month, breeding / Lilacs out of the dead land, mixing / Memory and desire, stirring / Dull roots with spring rain.
「四月は最も残虐な月 / 死せる大地よりリラを萌やし / 追憶のよすがに欲望を織り込み / なまくらの根を春雨にそよがす」
'The Waste Land' by T. S. Eliott

Welcome to the jungle / It gets worse here evryday / You learn to live like an animal / In the jungle where we play.
 「ジャングルへようこそ / 毎日ヤバくなる一方だからな /オレたちがつるんでるジャングルじゃ / 動物みたいに生きる術を学ぶんだ」
'Welcome to the Jungle' by Guns N' Roses

2007年3月
There's a great gap between a gallous story and ad irty deed. 「ご大層なホラ話をするのと実際にヤバいことをするのには、たいした開きってもんがあるんだよ」 (The Playboy of the Western World by J. M. Synge, III. 572-3)

2006年10月〜2007年2月
Men cluster to me like moths around a flame,
And if their wings burn, I know I'm not to blame.
「炎に群がる蛾のように殿方は私に群がる / でも羽が燃えても私のせいじゃない」
'Falling in Love Again' by Marlene Dietrich

If I could stick a knife in my heart / Suicide right on the stage /
Would it be enough for your teenage lust?
「俺が心臓にナイフをつっこんで / ステージのど真ん中で自殺したら / お前の十代の欲望はご満足か?」
'It's Only Rock'n'Roll' by The Rolling Stones

2006年8月〜9月
Life is far too important a thing ever to talk seriously about it.
「人生っていうのは、真面目に語るには全く重要すぎることがらですよ」
Lady Windermere's Fan by Oscar Wilde

2006年6月〜7月
Is it just me or am I all on my own again? / You're in the Vatican, I'm in the Yemen!
「ただ僕のせいなんだろうか、それとも僕の勝手なのかな?/君はヴァチカンにいて、僕はイエメンにいるなんて!」
The Darkness, 'Is It Just Me?'

2006年5月後半
Say that thou didst forsake me for some fault / And I will comment upon that offence:
「我が過ちゆえに私を捨てたと言ってくれ、/私はその罪を自ら論じよう」(シェイクスピア、ソネット第89番)

Oh, I was moved by your screen dream.
「私はあなたの銀幕の夢に突き動かされたのだ」('2HB' by Roxy Music)

2006年 五月病応援企画
 If I had just one tear running down your cheek / Maybe I could cope, maybe I'd get some sleep / If I had just one moment at your expense / Maybe all my misery would be well spent / Could you CRY a little?? / Lie just a little!
「あんたの頬を一滴でも涙がつたうなんてことがあるなら / たぶん何とかなる、私だっていくらかは眠れる / 一瞬でもあんたが自分で犠牲を払ってくれるんなら / たぶん私の苦労は儲けものだった / ちったぁ泣いたらどう? / ちょっとはウソをついてよ!」
by Faith Hill, 'Cry'

2006年ゴールデンウィーク
Oh, you silly, stupid pastime of mine / You were always good for a rhyme.
「あんたって、バカでマヌケな私の暇つぶし / いつだって韻を踏むのにおあつらえ向きだったけど」
by Fiona Apple, 'Parting Gift'

2006年4月
School days, school days / I'm older, now what will I find?
スクールデイズ、スクールデイズ / ちょっと年取ったもん、何が見つかるんだろう?
Runaways, 'School Days'

2006年3月 飲み会シーズン企画
 Put money in thy purse.
「財布にカネを入れときな!」 by Iago
『オセロ』、第一幕第三場

2005年11月〜2006年2月
Make LOVE, Not War.
「戦(いくさ)よりも枕を交わそう」  不明。60年代ヒッピーの反戦スローガン

2005年9〜10月 I know I'm a mess he don't wanna clean up.
「彼にとって私は捨てたくないゴミも同然」 by Fiona Apple

2005年8月
There is only one thing in the world worse than being talked about and that isn't being talked about. 「世の中にはそこら中で噂になるより悪いことがたった一つあります…それは全く噂にならないということです。」 by Oscar Wilde

2005年7月 ジンギスカンパーティ記念
To the latter end of a fray and the beginning of a feast. 「宴の場にはいの一番、戦の場にはびりっけつ」(『ヘンリー四世』第一部第四幕第二場)

2005年6月 ブルームズデイ記念
History, Stephen said, is a nightmare from which I am trying to awake. 「スティーヴンいわく、『歴史ってのは僕がなんとかして醒めたいと思ってる悪夢なんです』」 ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』より

2005年4〜5月
 Felicitas est parvus canis calidus.  「幸せとはあったかいちっちゃな犬のこと」 by ルーシー・ヴァンペルト(スヌーピーのマンガ『ピーナッツ』より)

2005年3月
Take me down to the paradise city/ Where the grass is green and the girls are pretty.  楽園の街に連れてってくれ/芝生は青く娘たちが美しい場所へ。 "Paradise City" by Guns 'N' Roses  

2005年2月
Only in the world I fill up a place, which may be better supplied when I have made it empty. 「俺は世界にちょっとした場所を占めてるだけ、俺がそこを空っぽにすれば、誰かもっとマシなヤツがうまいこと埋めてくれる」 by Orlando 『お気に召すまま』一幕二場

2005年1月
I'm a Human Beeeeeeeeeeeing!  「にんげんだもの。」  "Human Being"  by the New York Dolls

2004年12月A
 When you're dead you're dead. You're gone. You're worm food. 人は死ぬときゃ死ぬんだよ。もういないんだ。蛆虫の餌さ。
   by ジョーイ・トリビアーニ 『フレンズ』第1シーズン第9話
  これをちょっと言い換えると…
 Here,here will I remain / With worms that are thy chambermaids.  ここに、ここに俺はずっといるつもりだよ…君の侍女になっちまった蛆虫どもと一緒にね。
   by ロミオ Romeo and Juliet, 五幕三場

2004年12月@
 Life's but a walking shadow, a poor player,/ That struts and frets his hour upon the stage,/ And then is heard no more. It is a tale / Told by an idiot, full of sound and fury, / Signifyning nothing.  「人生は単なるうろつきまわる影法師、みじめな役者だ。舞台に出ている時はしゃなりしゃなりと歩いたり、イライラして騒いだりするが、その後にはもう声が聞こえなくなってしまう。 間抜けの語る物語にすぎぬのだ。響きと怒りに満ちあふれてはいても、何も意味しない…」  Macbeth,五幕五場

2004年11月B
 造反有理。  「反逆に理あり」(正確な出典不明、たぶん文革)

2004年11月A 
 There's no trust, /No faith, no honesty in men; all perjur'd, /All forsworn, all naught, all dissemblers. /Ah, where's my man?  「男には誠実も、信義も、正直もない。男はみな誓いを破り、偽りの約束をし、邪悪で偽善者。で、アタシの男はどこ?」(Romeo and Juliet, 三幕二場)

2004年11月@
 La gaiete de Paris est efficace, parce que, venant des entrailles du peuple, elle se rattache a des profondeurs tragiques. 「パリの陽気さは有効だ―というのもその陽気さは民衆のはらわたの底からわき起こり、悲劇の深みに結びついているから」(Paris Guide 序文、Victor Hugo)

2004年10月
 The very firstlings of my heart shall be / The firstlings of my hand.「心が最初に思ったことこそ手が最初に行うこと」(Macbeth,4幕2場)





戻る 500 Internal Server Error

Internal Server Error

The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.

Please contact the server administrator, root@localhost and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error.

More information about this error may be available in the server error log.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.


Apache/1.3.42 Server at www3.tok2.com Port 80