500 Internal Server Error

Internal Server Error

The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.

Please contact the server administrator, root@localhost and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error.

More information about this error may be available in the server error log.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.


Apache/1.3.42 Server at www3.tok2.com Port 80

2004年11月20日/下関車両センター(旧幡生工場)


 

今年も「下関鉄道まつり」が11月20日に、下関車両センターで行われました。
小さい画像はクリックすると大きい画像が見られます。

001.jpg
昨年同様、仕事を終えてから「あさかぜ」に乗り西へ行く〜♪
今年は新山口で下車。下車日が金曜でしたが、「SLやまぐち」
走るので、徳山から車内販売がやってきた。

002.jpg
時間があったので、宇部線ホームに行くと105系U01編成が止まっていました。
いわゆる延命工事施行車ですが、今回からちょっと変わりました。

003.jpg
クハ104にはトイレを新設、汚物処理循環処理タンクがついており、
下関にて抜き取りをするそうです。冷房は相変わらずのWAU102でアーバン
ネットワークで廃車した車両からの転用のようです。MGに代わり、SIVになっ
たのでクハ側に機器が増えた。

マイクロエースから出ている105系のモデルナンバーなのに形態が変わっています。

037.jpg 038.jpg
トイレ新設箇所と車内。
便器は洋式になっていてこういう地域には珍しく、ロール紙常設。
客室内もアコモデーション改良により明るく、半自動扱い時には押しボタン式
に改造され扱いやすくなった。座席、座面の改良が無かったのは残念。

004.jpg
クモハ123との並び。
今後、この手の改造が続き、いづれクモハ123も更新されるのだろうか?
その時はやっぱりトイレ付きになるのか?山口県下の無人駅のトイレは、今後
撤去されいくそうで、トイレ無しのクモハ123がどう扱われるのか気になります。

005.jpg
新山口に改称して1年が経ちましたが、ホキ800の常備駅は変わらず小郡。

006.jpg
11月は何故か「SLやまぐち」は金、土、休日運転なので津和野まで乗ってしまいました。

007.jpg
仁保駅でのカット。逆光なので撮り難い。

008.jpg
ドラマ「砂の器」で一役有名になった篠目駅の給水塔。時間なくこんなカット。

009.jpg
津和野でのターンテーブルの方転。はじめて見ました。以前は展望車も方転
していましたが、5号車に簡易展望室を付けたのでなくなりました。

011.jpg
これが簡易展望室付。これで雨の日も安心?形式はオハのまま。

010.jpg
津和野駅舎です。
駅の隣には、観光案内があり、同町出身の写真家 桑原史成の写真美術館も併設。

012.jpg
津和野では1時間位しか滞在せずに益田へ。移動にはキハ187の「スーパおき」
を使った。キハ187に乗るのは初めてだったが、振り子は山陰本線に入ってから
使うらしく、加速だけ堪能し次に乗る列車と比べる。

013.jpg
乗継ぎまで時間があったので駅裏に保存されているC57186を見に行く。
引退後30年が経過し寂しい状態になっていました。

014.jpg
乗り比べの先はキハ181。一時は山岳線の非電化区間の王者として君臨したが、
現在では以前の覇気なくローカル特急の任にあたる。前出の「おき」も以前は同じ
編成を組んでいたが、新型に変わりましたが、この「いそかぜ」は時代の流れに
とり残され、改正毎に廃止が噂されている。

015.jpg 016.jpg
沿線風景はすばらしいのだが、走行区間では長門市や萩、そして益田しか
主だった観光名所はなく乗車率は厳しいが、新幹線との乗継ぎの為に乗る
客が多いと車掌氏から聞きました。

017.jpg
下関駅。
翌日は「下関鉄道まつり」なので、さっさと宿に引き上げます。

翌朝、予定時刻よりも遅くなってしまったが現場到着。
今回は会場付近の道路工事の関係で入り口が数箇所あり部品
購入会場に近い入り口に行き会場を待った。

018.jpg
今回並んだ入り口。下関車両センターの奥になる。近隣公園(正式名称ではない)
の会場の出入り口としても機能した。

それなりに朝から並んだので、購入できたモノは自分にとっていい記念になった。

019.jpg
購入後に展示会場に向かう。都合で午後になってしまい順光なクモハ11117は連結面になった。

020.jpg
非常に厳しい光線状態のEF6650。赤富士なので撮らねばならぬ。

021.jpg
逆光の電車区の様相の並び。手前がクモハ11117、奥がクモハ42001。

022.jpg
アーバンネットワークエリアから追い出された113系達の中にサハ111-4がいた。
0番台丸窓4姉妹の1両で、関西に残っていた。既に鬼籍入りしている−5はユニットサッシでした。

023.jpg 024.jpg
今年の部品剥ぎ取り車は、クハ111-5277。方転車で旧番号は-374。自分の番の時には
既にめぼしいものは無く、車内の号車札入れを購入しました。

025.jpg 026.jpg
展示中のクモハ42に許可を得てサボを挿してみました。下関−小郡は実績あります。
裏面の下関−門司−長門市は、まだ関門トンネルが直流電化だったころに・・・って
いう事は無く、これは気動車のサボなのでした。


027.jpg 028.jpg
クモハ42は床下機器点検蓋が開かれていて中を見ることが出来ました。

029.jpg
クモハ42のひ孫?にあたる223系2000番代。網干区の車両でした。

030.jpg
広島急行色のキハ28、58。いまなお現役です。

031.jpg
まるちぷるたいたんぱぁ。

032.jpg
逆光のクモハ11117。ディティール見えません・・・。過去の写真で確認してください。
省線初の半鋼製電車なのでクモハ42ともども保管展示をお願いしたいものです。

033.jpg
おなじく逆光のクモハ42001。ある程度原形修復して、屋根下保管を!

034.jpg
延命更新工事と同時にトイレ設置が行われています。これはクハ104-12で編成番号はU02。

035.jpg
クハ104-10の相方は隣にいました。その隣は部品剥ぎ取りのクハ111-5277。何年か後
には同じ運命なのか?

いろいろ楽しかった「下関鉄道まつり」も終わり車両センターをあとにします。

036.jpg
こじんまりとした幡生駅。山陰本線と山陽本線の合流駅でもあります。

翌日へ

表紙へ
無断転載を禁ず

制作 伊藤純一  旧国鑑定団(mc12052geo@yahoo.co.jp)

500 Internal Server Error

Internal Server Error

The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.

Please contact the server administrator, root@localhost and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error.

More information about this error may be available in the server error log.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.


Apache/1.3.42 Server at www3.tok2.com Port 80