500 Internal Server Error

Internal Server Error

The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.

Please contact the server administrator, root@localhost and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error.

More information about this error may be available in the server error log.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.


Apache/1.3.42 Server at www3.tok2.com Port 80

06/10


  私事で恐縮なのですが、ここ最近忙しく鉄活動を行えずにおりました。
個人的に見てきた旧大船工場以後、まともに撮影や見学にいけずに鉄分
不足になっていました。
やっと調整して、小田急の海老名の展示会に1時間だけ言ってきました。
また、自分では久しぶりの東急の甲種を撮ることが出来たのと渋谷駅頭に
現れた青蛙などをまとめてみました。


小さい画像をクリックすると、長辺800ピクセル相当の画像が見れます。


小田急の保存車が揃ったともいえる今回のファミリー鉄道展。撮影会エリアでは、
モハ10、2200形、3100形が並びました。見学時間1時間でも行った理由
は、午後からがこの場所は順光になるからなんです。ここの車輌の説明が不要な位
の車輌たちですね。


編成として残せなかった、2600系と9000系。幅広貫通路の埋め方が国鉄の
モハ80付属編成用に似た処理に見えました。時間の関係でこっちは見れず。
(ちょっと後悔)


モハ1形モハ10。はるか遠く熊本電鉄にまで行って奉公し帰ってきた車輌です。
実は今回が見るのは初めてなんです。良いスタイルしていますよね。これに乗って
新宿−小田原と往復できればいいのですが、今の時代には叶いませんね。

この様に保存していると一般の人にでも懐かしんだり、ファンだと調べたりするこ
とが出来るということで、大変いい事だと思います、ここ海老名の教習車1400?
と荷電が保存されていたらとも思うのですが、民間企業で大変な保存だと思います。

こういう保存車が見られて良かったなぁと思っていた矢先、残念な事が他社で起きま
したが、後述します。


10月某日、久しぶりに甲種を撮る事が出来ました。最近は忙しかったりチェックして
なかったりと、一昨年?のTX(つくばエクスプレス)以来の撮影で横浜線内の東急甲種
は約20年振りだったりします。沿線は色々変わっていて困り長津田と橋本で撮影して終
わりました。銀塩と持ち替えてデジカメで撮影しましたのでボンネットに影が・・・。

この撮影を終わって、渋谷に向かいました。知人からメールが入り、ハチ公前が凄い事
になったと。現場に着くまでは、ノホホンとしていたのですが・・・。

これ見てうわっ!なんぢゃこれは!と思いましたよ・・・。


公開前夜でしたが、聞けば早朝に設置したとの事ですが、なんでこの狭いところに?
はじめはモックだと思いましたが、窓枠や歪みをみて実車の改造だと判りました。


公開の日の夕方に行って見ると、5001とあります。そうです、某車輌工場で保管
されていた車両です。文化財的車両ですから譲渡車両や譲渡先の倉庫を引き上げて来
て番号を付けたのかとも思いましたが、正しいデハ5001を切継ぎしたとの事。


気を取り直して、日曜日に行ってきました。車内は昔の渋谷駅付近での鉄道を中心に
プリントを展示してあり車内には自由に出入り出来るようになっています。
なお、現在は警備員がいますが暫くの間だけの契約らしく、後で民間団体や近隣の協力者
による地域交流モニュメント(民間交番)という事になるそうです。そうなると車内に
入る事は出来るのか気になります。


運転台の部品はそれなりに揃っています。


車内は現在プリントの展示が行われています。貼り付けてあるボードは撤去可能です。
この日は見学者が沢山入っていました。モニュメントですが、電化されており、車内の
妻面には家庭用の空調機が付いていました。室外機は何処なのでしょうか?配電盤は車
内後方に窓1つ分の箱を設置してあるようでした。


ハチ公口には、その昔都電が乗り付けていました。もし現在も残っていたら
車窓はこんな風に見え、発車していたでしょう。


人だらけのハチ公広場。デハ5001も埋もれそうです。(日曜日の12時頃)
撮っていませんが、待ち合わせをデハ5001の前にして、足を直接掛けている
人が見られます。今後大丈夫なのでしょうか?


台座に乗っているだけで達磨状態がよく判るかと思います。
連結器の場所にライトがあるのは意図したのでしょうか?ちなみに前照灯は点灯
可能ですが、尾灯は点灯しているところは見ていません。

架線もなく本当に達磨になってしまい寂しいので、 東横デパートのポスター風加工
してみました。(駄作で申し訳ない)

譲渡先で改造したとか、譲渡車を引き取った施設が一部保管ということでカットボディー
にする事はありました。鉄道車両の軽量化の先陣の歴史的価値のある貴重な車両で保存し
てあったにも係わらず切ってしまった事には理解しがたいものがあります。一応原型に戻
せそうな譲渡車はありますが価値が違います。どうしてもモックではなく実車でなければ
ならない理由が判りません。
藤沢駅や水戸駅の売店と同様のほぼ原寸大のモックで充分な気がするのは、単に趣味の観
点からみたからで、世間一般では歴史的価値のあるモノを、破壊行為が行われそうな場所
に、今後無防備になるのにもかかわらず、無理やり設置場所の実情に合わせて切継ぎリサ
イズする事が至極当然なのかもしれません。

2006年10月撮影。(Leica C-LUX 1で撮影)

 


tok2のトップに戻る
トップに戻る

無断転載を禁ず

制作 伊藤純一 (mc12052geo@yahoo.co.jp)

500 Internal Server Error

Internal Server Error

The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.

Please contact the server administrator, root@localhost and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error.

More information about this error may be available in the server error log.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.


Apache/1.3.42 Server at www3.tok2.com Port 80