500 Internal Server Error

Internal Server Error

The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.

Please contact the server administrator, root@localhost and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error.

More information about this error may be available in the server error log.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.


Apache/1.3.42 Server at www3.tok2.com Port 80

鎌倉総合車両センター 最後の一般公開


 







大船工場が発足して60年目にして最後の工場公開が平成17年9月10日に行われました。
平成17年度末に廃止されてしまうので、出勤前のわずかな時間でしたが、
行って来ました。
車輛展示はちょっと魅力の無いものでしたが、発足60周年なので資料の展示は良かったです。
駆け足での行動となったので取りこぼしはご容赦ください。


小さい画像をクリックすると、長辺800ピクセル相当の画像が見れます。


正門の看板。あと半年で見納め。
(注:梶原地区の旧大船電車区は存続しますので、たぶん大船車両センターになるはず)


部品販売コーナー。武蔵野や鶴見の103系、国府津の113系と思われる部品が多数ありました。


ここの撮影は難しいんですよねぇ。大船工場独特の車両検修庫での並び。


スカ線二態。113系は千マリのモノ。


この左にE231系が並んでいましたが、入らず割愛。


113系の並び。障害物無しで撮りたいものですね。


幕張の80番編成です。全部1000番代で簡易分散クーラー(AU712)を搭載。
アンチクライマーは前面強化工事(ステンレスの板を付けた)の関係でつきました。
本来は大目玉(白熱灯)ですが、同時にシールドビーム化されてしまいました。


湘南色は国府津のS104編成。訓練車と同様の扱いですが、たまに営業運転されてるそうです。


なんとなく南武支線。101系は1年以上こうして野ざらしです。浜3は今日のゲスト。


大宮工場隣接地に設けられれる「鉄道博物館」に召し上げが決定しているナハネフ22と
大船工場廃止と道連れになりそうなクモハ11248。ナハネフ22は再塗装されて綺麗に
なっていますが、残るクモハ11は・・・。正面が拝めず残念。ところで左の画像の底が着
きそうな機器はなんでしょうか?


以前は解体ショーとか銘打って作業を見せていましたが、ここ最近は静態です。
転がっているのは、鶴見線のクハ103−588です、合掌。


こちらは最後のお勤め中のクモハ103−116。


今年の車体吊り上げ・台車抜きはクロ253−3でした。


台車の検修エリア。以前は見ることができたのですが、見られなくなりました。


元南武支線用だったクモハ101。相棒は既に解体済み?


大船工場オリジナルの103系2連。0番代のクモハ103と1200番代のクモハ102
の組み合わせで、引込み線のスカ線との接続部まで行くこともある。クモハ103のパンタは
前部まで強引に移設し押し込み出来るようになっています。入換の先任101系でも同様の
改造がされていました。


工場一番奥手の留置線では183系と211系を展示。影があるのは展示場所の都合。


クモハ11248(当時はモハ31076)の出場記念写真。


入り口に掲げられた横断幕。年度末で閉まるのにの「みなさまと共に」って・・・。
使いまわしなので仕方ないのですが。


こちらは安全搭。用地縮小後に建立したものです。


今年の告知ポスター、「最後の公開」というのが泣けてきます。

<大船工場(現 鎌倉総合車両センター 深沢地区) 沿革>


昭和18年に大日本帝国海軍横須賀海軍工廠田浦造兵部 深沢分工場として この場所に工場が建ち、戦後GHQの平和転用政策?により国鉄に譲渡され、 昭和20年12月1日国鉄大井工機部大船分工場として、操業開始。 昭和25年になり大船工機部と改称し、その後大船工場として独立。 国鉄本社直轄工場となり、(大井、大宮、大船)3工場で役割分担をし、 当初は客車専門としていたが、後に電車の修繕も開始された。工場内に保存されて いるクモハ11248はその第一号として保存されている。また各種改造 を受け持ち、モハ72系列の近代化や荷電改造を行い、後年、車輛新製も行なった。 分割民営化後しばらくして完全に電車専門工場となった。また解体場をもっており、 流電ことクモハ52もここで解体された。近年では公害問題の関連か解体数は減っ ているように思えます。 平成12年7月1日、大船電車と統合されて、鎌倉総合車両所となり、平成16年 6月1日には鎌倉総合車両センターと改称され、平成17年12月1日に創立60 周年をむかえます。そして平成18年3月に閉所となってしまいます。

何かある度に、見に行っていた大船工場(現:鎌倉総合車両センター 深沢地区)が、
廃止になってしまうのは、なんとも残念なことです。
車両の新造、改造・更新、解体まで行った貴重な技術を持った工場だったと思います。
自分が旧国を知る原点はここにあったとも言える場所でした。たまに裏手から見て、
珍しい車両が見えたり、解体を目撃したりと色々ありました。
折角なので大船工場60年史が出ないかなと、期待しているのですが・・・。

2005年9月10日撮影。(Nikon Coolpix4200で撮影)

 


tok2のトップに戻る
トップに戻る

無断転載を禁ず

制作 伊藤純一 (mc12052geo@yahoo.co.jp)

500 Internal Server Error

Internal Server Error

The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.

Please contact the server administrator, root@localhost and inform them of the time the error occurred, and anything you might have done that may have caused the error.

More information about this error may be available in the server error log.

Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.


Apache/1.3.42 Server at www3.tok2.com Port 80