函館のベイエリアと大沼公園

2014.11.20〜24

目次に戻る

1/2

11月末ともなれば函館の紅葉も終わり、クリスマスの飾りつけもまだ早い時期であるが、用事で函館にでかけた。

20日
羽田空港を午前7時55分のJALで出発し函館には午前9時15分過ぎに到着、やはり東京よりはかなり寒い周りの景色はすっかり冬景色である。
我々は函館駅近くのベイエリアにある「ホテル・ラビスタ函館ベイ」に荷物を預け用事を済ませ、夕方ベイエリアに戻ってくる。
この時期ちょうど観光時期の端境期でもあり観光客は外国人の団体観光客をたまに見かけるが閑散としている。

新幹線の走る橋脚もできた

風もなく波は穏やか

駒ヶ岳

大沼公園では駒ヶ岳を望みながら小島巡りの散策にでかける。雨が降ったとは言えここを廻るのは初めてでありそれなりに楽しめた。

ホテルから七重浜方面を望む

目次に戻る

21日 大沼公園へ

函館山

大沼公園駅前

大沼公園に向かう途中で
山の麓には靄がかかる

午前中に用事を済ませ昼前から電車で大沼公園まで出かける、大沼の島巡り散策コ−スを歩き出した途中で土砂降りにあったが、帰る頃には晴れ間も見え目まぐるしく天気が変わった日である。大沼もすっかり冬景色となり所々にかなり前に降った雪が残っていた。
外国の団体客はかなり見かけたが個人観光客はまばらであった。

「おしまおおの駅」近くの工事現場
ここには新幹線の車両基地も造られる?

函館空港で

ベイエリアで 観光客があまりいない

雨が降りだし雨宿り
がてら湖畔の
店で昼食をとる

雨もあがってきた

雲に隠れた駒ヶ岳

団体観光客はここで記念撮影

ホテル・ラビスタ函館ベイの客室から函館山を望むテル

「おしまおおの駅」近くの工事現場
には多くの工事車両が作業中

「おしまおおの駅」のアクセス用駅舎?
も大分工事が進んでいる

函館山山頂

ベイエリアの中心部付近

草木も葉を落とし真冬

右の白いのは雪

新幹線用のトンネル

ホテルの客室から函館山を望む

ホテルでの朝食バイキング

宿泊ホテル

ここで夕食

次ペ−ジへ

我々が2泊したホテル・ラビスタ函館ベイ 
かなり人気のホテル
      最上階は温泉入浴施設
 

▲ページの先頭へ

市電の十字街停留所

ホテル・ラビスタ函館ベイのロビ−

大沼公園に向かう途中の「おしまおおの駅」では北海道新幹線の2016年春の開業に向けで大規模な工事の真っ最中であった。
現在の「おしまおおの駅」は新幹線開業時は「新函館北斗駅」と改称し函館駅までアクセス列車が走る。


ベイエリアで赤レンガ倉庫に映える真っ赤に紅葉した蔦

函館駅前

函館駅前を走る市電
観光客には人気がある

ベイエリアの中心部付近にも
灯りがともる

ベイエリアから函館山を望む

タ−ブル・ドウ・リバ−ジェ

駒ヶ岳(標高1,131m)を望む

五稜郭駅から函館本線で大沼公園に行く

観光船も走る

函館本線車両内部

客室から旭日を望む
    6時32分