函館の冬
2015.2.2〜4

1/2

函館山の麓の史跡を散策、坂道が多く凍結で悪戦苦闘

目次に戻る
2日
用事で函館に出かけベイエリアを散策した。
北海道地方は前日から大荒れで、特に道東方面は一部の空港は閉鎖され釧路空港への便は着陸できない時は羽田に戻ると言う条件付き飛行で、かなり荒れているので心配ではあったが、我々の便は午前10時15分発の定刻に羽田を立ちたいして揺れることもなく函館空港には定刻到着。
空港周辺には少し雪が残るもののこの時期としては思ったより道路に雪が少ない。
天候は晴れであるがさすがに寒い、ベイエリアのいつも宿泊する「ホテル・ラビスタ」には昼過ぎに到着、荷物を預け早々に用事を済ませる。
その後、ドックから見晴らしの良いベイエリアを見下ろせる外周道路を立待岬まで歩くが、坂道が多く日陰には雪が残り凍結し滑りやすい、歩くのもかなり疲労する。
3日
今日も雲は少しあるものの天気が良い、函館駅から電車で大沼公園の白鳥見学に出かける。
4日
朝から快晴であるが相変わらず寒い、朝食前に温泉に浸かり朝食をのんびりとりチェックアウトギリギリまでホテルの室内で過ごし、近くのレストランで昼食後は函館空港に向かう、羽田空港には午後5時前に戻る。

ホテルで

搭乗機で

ホテル前で 凍結している

羽田空港の搭乗機の中から望む富士山

搭乗機から富士山と東京湾を望む

ホテルの部屋から函館駅方面を望む

ホテルの部屋から函館ドック方面を望む

ホテルの部屋から函館山を望む

元町公園で

今にも雪が降ってきそうな雪雲が発生

目次に戻る
▲ページの先頭へ
次ペ−ジへ

急坂のため、車は通行止め

夏には多くの観光客で賑わうが

用事を済ませ、ベイエリアを散策。
高台から港を望みながら歩くが、裏に鋲のついた靴でも凍結道路は雪と氷の境目は滑りあるきにくい。
海からの寒風が吹きあげ、完全防寒でも想像以上に寒かった、立待岬へは道路が閉鎖され行く事はできなかった。

羽田空港ロビ−