伊豆にさくらを訪ねて
目次に戻る
2015.4.14〜16

1/3

2泊3日でさくら名所100選の伊豆高原の桜の里&遠笠山を巡る

みごとな紅枝垂れ桜 大室山をバックに

14日
都心のサクラも終盤となったが、伊豆のサクラを訪ねて出かけることにした。天気予報はあまり良くなかったが宿舎の予約はとってしまったのでやむ得ない。東京を朝出発しR246号線経由で松田へ、R255号線でR1号線に入り小田原へ、平日でもあり246号線は朝の混雑時と重なり小田原には昼をとっくに過ぎた時間となってしまった。
小雨降る箱根強羅公園で少し遅めのさくらを見学、さくらも咲いていたがシャクナゲが雨に濡れて鮮やかな色を見せ咲きはじめていた。
その後はいつも泊まる伊東温泉の宿舎にはいる。
宿舎でもやはり、食事のメニュ−は2泊とも「桜御膳」と言う名で春らしいメニュ−であった。
15日
今日も天気があまり良くないが、伊豆高原の桜の郷へ、雨が降っている平日言うど観光客は十数人程であった。
しかし、桜はヤマザクラ系がちょうど見頃で充分楽しむことができた。
その後は、伊豆高原の中程に聳え立つ遠傘山(1,196m)の山頂近くまで舗装された林道を走る、前にも一度来たことがあり両側には雪が残る季節であったが、今の時期はマメザクラが満開だろうと期待していたがぴったりであった。
その後は西伊豆の土肥温泉〜堂ヶ島〜宿舎と廻り宿舎に戻る。
16日
今日は朝から天気良い、富士山を見ながら帰るべく眺望の素晴らしい西伊豆スカイラインを走ることにし、冷川峠を経由してスカイラインの早見峠(標高770m)へ、しかしこの頃より薄雲がかかり富士山を望むことは出来なくなった残念、そして前回立ち寄らなかった1,8Kmばかり天城峠側へ走り仁科峠を見学、その後は戻り東京方向へ、修善寺温泉〜(県道?18号線)戸田港と交差する戸田峠から戸田湾の戸田港へと下る。
ここで地元の魚料理をやっている店でカサゴ定食を食べ、沼津からR246号線で東京に戻る。

雨も止んできた

いろいろな桜が咲く

お疲れさま

夕食

14日の夕食

15日の夕食

温室内は春の草花展開催中

雨に煙る日本庭園

園内はまだまだ゛桜が見られる

紅枝垂れさくらは見頃

河津桜はもう散って葉桜

色鮮やかなシャクナゲ

ヤマザクラ系で花が小さい

ミツバツツジも咲く

シャクナゲが咲き出した

強羅公園裏門前で

強羅公園入口近くで

強羅駅近で

小田原の蒲鉾屋 鈴廣で
わずかに咲く枝垂れ桜

次ペ−ジへ
目次に戻る
▲ページの先頭へ

小田原市内の
道路際にはまだ桜が咲く

園内の見学者はほとんど見当たらない

伊豆高原 さくらの里

伊東温泉 宿舎

強羅公園

強羅駅

小田原市

静かな落ち着いた庭園