奥多摩の新緑ドライブ
目次に戻る

奥多摩湖~小菅村~上野原経由で東京へ

2015.5.3

1/2

小河内ダムへ

5月は天気が良ければ爽やかな風を受け気持ちの良い時期である、昨日は用事で遅かったので早く出かけられず8時過ぎに奥多摩湖方面に新緑ドライブに出かけることにした。青梅街道経由で奥多摩の御岳駅の少し先にある白丸魚道に11時半過ぎに立ち寄り、奥多摩湖の小河内ダムに着いたのが13時半過ぎとなる。さすがにここはいつ来ても観光客が多く駐車場もかなり混んでいたがなんとか駐車できた。
ここに車を置いて堰堤を歩き対岸まで行ってみることにした、ダムの水面に太陽の光が反射しいやにまぶしかった、それだけ天気が良くて暑かったのである。しばし散策を楽しみ今度は3年前の冬に行った「白糸の滝」を訪ねて小菅方面に行ってみることにした。
小菅村は地理的には山梨県であるが奥多摩駅から路線バスが出ていることもあり東京都に生活圏が近い。国道139号線が通っていて上野原駅からも路線バスがあるが道が狭くくねくねと曲がり車のすれ違いができない道が延々と続くアクセスが大変悪い村であったが、昨年、大月市に抜ける「松姫トンネル」が開通し便利になった。今年3月29日に小菅の湯に隣接した道の駅が開設し多くの観光客で賑わっていた。

ダム展望台より下流を望む

ダム堰堤より望む

          通称ドラム缶橋
対岸に渡ってみたかったが駐車場(数台)が満杯で
断念、湖畔道路の国道411号線より望む

大きな休憩所

藤の花も咲いて

★  今回立ち寄った場所

小菅村(湖畔道路の国道411号線から深山橋を渡り国道139号線に入る)

奥多摩湖上流にある
ドラム缶橋、現在は
プラスチック製に
変わっている

魚道出口近くで見かけた花

魚道は右側

ダム建設時に使用した
コンクリ-トバケット、
1回に約6ƒ‚‚㎥運べる

魚道入口の子供の遊び場で
見かけた木の砂場、
今年西興部で見かけた
ものと同じ

上野原へ

ダム堰堤から奥多摩湖を望む

奥多摩湖小河内ダム

螺旋階段を下る

白丸魚道入口

目次に戻る

白丸魚道(鳩ノ巣駅~白丸駅の間にある多摩川の白丸ダムサイトに造られた魚道)

次ペ-ジへ
▲ページの先頭へ

白丸ダム
新緑が眩しい