1/3

目次に戻る

いろは坂のヤマツツジ、湯ノ湖のシャクナゲ、トウゴクミツバツツジ
ミツバツツジは約20種類有り、自生地により微妙に変化しているらしい

日光〜赤城山方面ドライブ
2015.5.19〜20
湯ノ湖湖畔のシャクナゲが見頃を迎えたと言う情報、一泊二日でシャクナゲとミツバツツジを見に出かける、東京を出発する時は小雨であったが、首都高速から東北道に入る頃には雨も止んで曇り空となり宇都宮ICをでる頃には太陽も時々顔をのぞかせるようになった。宇都宮からはR119号線でイロハ坂(明智平)〜中禅寺湖〜半月山〜竜頭の滝〜光徳牧場〜湯ノ湖(休暇村日光に宿泊)〜湖畔一周散策〜金精峠〜丸沼〜赤城山(展望台)〜一般道で東京へ。 花はちょうど見頃であった。

竜頭の滝

半月山は足尾銅山からみると
奥にあり、半月山駐車場からは
足尾銅山を見おろすことができる
ここまでは湖畔より10Km以上も
山道を走る、マイカ−もここまで来る人はわずか

R283号線沿いのいろいろな
施設が有る道の駅
家族連れで終日楽しめそう
駐車場も広い

歌ヶ浜

黒髪平から日光市内方面を望む

日光イロハ坂

第一日目(19日)

日光輪王寺前の神橋

半月山から足尾銅山を望む

竜頭の滝の上にある竜頭の橋から

ところどころに駐車場も有り ヤマツツジもすぐに咲きそう

歌ヶ浜より男体山を望む

中禅寺湖と男体山を望む

竜頭の橋(1,355m)から望む
トウゴクミツバツツジ

目次に戻る
次ペ−ジへ

中禅寺湖畔の快適な新緑の道

明智平から男体山を望む
谷筋には治山工事のあとも見える
50年に亘る工事で大規模な崩落
も少なくなってきた

道の駅 ロマンチック村 

半月山に来てもほとんどの車は中禅寺湖展望台(第一駐車場)から
中禅寺湖と男体山を見て戻る、
観光バスも半月山駐車場(第二駐車場)までは行かない

半月山(第二駐車場)

明智平

R

半月山山頂から望む

半月山(第一駐車場)

銅山採掘の傷跡が生々しく残り、鉱毒により草木も生えず今も禿山となっている、植林作業が今も続く

周囲の山々は緑で覆われている

竜頭の滝

足尾銅山で
使われた鉱車 

ここまでケ−ブルカ−があったが
イロハ坂開通でバスが運行され
昭和45年3月末で廃線となった

高度があがるにつれて
ツツジが多くなってきた

新緑にはヤマツツジが似合う

▲ページの先頭へ