二泊三日の伊豆ドライブ旅行

梅雨とは言え快晴に恵まれたがとにかく暑い

   箱根の火山情報は誰の為にある 防災ではなく商売の為 ?

天下茶屋から富士を望む
       曇天でほとんど見えず

御殿場から箱根を望む  噴煙?  雲?

ササユリは宿舎のパンフレットでは
見頃となっていたがほとんど終わりに近い

宇佐美海岸
なにやら大きな船が海岸近くまで

園内散策路

箱根湿生花園の駐車場から

目次に戻る
2015.6.23〜25

1/2

24日

箱根湿生花園

伊東温泉宇佐美海岸

箱根峠から芦ノ湖を望む

ヒマラヤのアオイケシ

ブル-ポピ−

ベニコ−ウホネ

レブンソウ

イワギリソウ

シモツケソウ

クガイソウ

東京近郊のアジサイは終盤を迎えていたが、何度となく宿泊している伊東温泉の宿舎の温泉と料理が気に入って出かける事にした、ついでに箱根湿生花園での花とアジサイが見られることを願いつつ、伊豆に2泊3日でドライブに出かけた。
東京を出発する時には曇天であったが246号線で箱根に近づく頃には青空もでて快晴となり箱根湿生花園の散策中は日射しが強く暑い、日陰を求めて歩く事になる。その後は、仙石原を通り、箱根峠からR135号線で伊東温泉のいつもの宿舎へ。
2日目はササユリが見ごろと言う事で伊豆東海岸を走り、下田温泉近くから山道に入り西海岸の波勝崎近くの標高400mの山中にある天神原植物園へ、帰りは悪路の林道を延々と走り河津のル−プ橋を通り宿舎に戻る。
3日目は伊東温泉近くの伊豆四季の花公園でアザサイを見学し、R1号線で夕方近く東京へ戻る。

天神原植物園

仙石原

アミメベイシソウ

園内

朝食後は西海岸の天神原植物園に出かけるが、東海岸を走り下田温泉近くから入るが途中でナビでも場所がはっきりせず、山中の林道を走り昼近くに到着する。急斜面に造られた植物園でもともとはササユリが自生していた場所に、ヤマアジサイを植えて整備したらしい。
箱根湿生花園は平日と言うこともあるのか、それとも箱根山の地獄谷での噴火警報の影響があるのか閑散としていた。
驚いた事に草津白根は噴火警戒レベル2で何キロにも亘り警戒情報の看板で注意を呼びかけていたが、箱根山も同じレベル2(6月30日からはレベル3となった)でありながら全く注意情報の看板は設置されていないのである。 これは観光客の減少を懸念してのことであろうが、草津白根よりはるかに観光客が多いのに注意情報を流さないのは誰の為の噴火警報なのか良く分からない。
次ペ−ジへ
▲ページの先頭へ
目次に戻る

23日

ササユリ

ツルコケモモ

秋には素晴らしいススキが原となる

今回は料理長が変わり
食事がまずくなった
特に天婦羅の
まずさはこのうえない

宿舎で

オニシモツケ

箱根山方面は噴煙か ?

トクダマ

リシリヒナゲシ

センジュガンビ

ササユリ