ミステリ−バスツア− 
目次に戻る
2016.3.30〜31

瓢湖・月岡温泉・寺泊魚市場でもたいして見るものはなかった

今時珍しく女性添乗員は安全意識に欠け、一般道や高速道でもシ−トベルトは全くせずびっくり

1月頃は白鳥で湖が白く見えると言う 白鳥の飛来数は日本一
      平成15年1月には19,499羽を数えたと言う

米菓の製造所

      赤城高原近くで望む谷川岳連峰  
今回は追加料金を払って バス前方の座席を確保

谷川岳連峰が見えてきた バスの車窓から

地元の盆踊り等   時間にして15分程

月岡温泉は硫化水素(硫黄)の
含有量が日本一

立派な部屋

瓢湖

     バスの前で
まだ車はほとんど走っていなくきれい

谷川岳連峰と畑

   石打湯沢IC
近くの蕎麦屋で昼食

  レストラン
朝食はバイキング
内容はイマイチ

      瓢湖の白鳥は
3月10日頃に全て飛び立っていた
怪我をして高く飛べない白鳥が7羽いた

本殿前で

    夕食後のひと時
従業員とお客さんで一緒に踊る

弥彦神社

スプ−ン製造所

寺泊魚市場

寺泊岬温泉 ホテル飛鳥

重い石軽い石

新潟県は米菓の出荷量日本一

清風荘全景

目次に戻る

寺泊

ハ−ブティ−イを飲んだ店屋

多くの観光客を集めているK社が募集した「五つ星の宿」認定の高級旅館に宿泊のミスティリ−ツア−に参加、天候が目まぐるしく変わりツア−の行先が南か北か分からず、どのような服装をしたら良いのか迷ったが、同じような費用で同時期ぼしゅうがあり新潟方面と言う想像をした。
前日までは寒かったが予報では30日は南風が吹き暖かいとのことで特に防寒具は用意せずに参加、幸い暖かくて良かった。
コ−スは新宿〜(関越自動車道〜塩沢石内IC〜一般道(田畑屋で昼食のへぎ蕎麦)で昼食)・お茶タイム(ハ−ブティ)〜再び関越自動車道へ〜新津IC〜〜一般道(瓢湖・月岡温泉清風園で宿泊)〜(新潟せんべい王国)〜新潟ふるさと村道の駅・新潟の米菓(タキロ−)・北陸自動車道経由で弥彦神社・寺泊ホテル飛鳥で昼食・燕の洋食器(三条の刃物)・関越自動車道経由で新宿駅には19時過ぎに戻る。

どこでも怪我等で北へ帰れない白鳥がいるみたい

瓢湖

へぎ蕎麦 2人前

手焼せんべいきの実演と試食

観光客向けの 米菓販売所 

弥彦山

新潟から見た谷川岳連峰

   なにしろここの旅館の
従業員のマナ−の良さにはびっくり

田園風景

部屋の窓から望む

廊下

月岡温泉

再び東京方向に向かって一般道を走る

東京〜上越へ

本来なら白鳥はみられなかったのである

参道

▲ページの先頭へ

白鳥の餌付け人

物産館