夕日の滝は県道から奥まったところにあり、金太郎伝説の発祥地で夕日が滝に映え美しいとのことで、周囲にはキャンプ場やハイキングコ−スもあり夏は涼しく賑わいそうである。

足柄峠 標高759m

下田公園から下田港を望む

▲ページの先頭へ
伊豆のホタル観賞・下田で紫陽花・修善寺の虹の郷

1/3

目次に戻る
2016.6.8〜10

松川湖でホタル・下田公園で紫陽花を見る

6月はまだ涼しい日もあるが、関東地方もすでに梅雨に入り連日蒸し暑い日々が続く。この時期になると街中の至るところで目につくようになるのが紫陽花。伊豆の下田駅近くの「下田公園」は開国の地としても有名であるが多くの紫陽花が見頃になったとのことで出かける事にした。
1日目 曇り
東京を8時に出発し246号線で箱根方面へと走るが山北近くで大渋滞となり全く進まず、平日なのに東京を出発するのが少し遅かったかなあと後悔するがどうにもならず。 それではと山北駅近くで県道726号線に入り〜県道78号線〜(矢倉沢)・(夕日の滝)〜県道78号線〜足柄〜御殿場(市役所)〜国道138号線(乙女道路)に入り箱根越えで伊豆の伊東温泉に向かう。夜は小雨ではあったが近くの松川湖でホタル観賞。
二日目 晴れ
伊東温泉〜
細野高原に立ち寄り〜下田公園へ、紫陽花は満開に近く綺麗であった。連日のホタル観賞。
三日目 晴れ
伊東温泉〜
修善寺の虹の郷(バラ・花しょうぶ・紫陽花を鑑賞)〜熱海(ジャカランダを鑑賞)〜東京

夕日の滝

紫陽花まつり開催中

仙石原のススキが原

箱根

1日目

宿舎

レストハウスからの眺望

十国峠へのケ−ブルカ−

   足柄峠を通る足柄古道
今でも当時の道がところどころに残る

二日目

細野高原

夕食後は近くの(約7Km)松川湖でホタル祭りをやっていると言うので出かるウロウロしている間に小雨模様の闇夜のなかナビを頼りに走ったら
荒れた林道に入って迷ってしまい、あげくの果てに行きどまりとなり悪戦苦闘、現地に着いたのはホタル祭りは午後9時までと言うのに午後8時半近くで写真はおろかホタルを鑑賞するのがやっと。

十国峠のレストハウスとケ−ブルカ−

国道1号線の箱根峠(標高846m)より芦ノ湖を望む

下田公園

平日で宿泊者は10名

足柄峠

県道78号線

南無阿弥陀仏
と彫ってある
高さ3.8mと大きい

足柄明神 ?

夕食メニュ−

金太郎の力水

 夕日の滝
落差高さ33メ−トル

下田公園の紫陽花を見るべく国道135号線を走っている途中
細野高原と言う標識を見て立ち寄るが、延々と林道を走り
辿りついた細野高原は、ひとけのない高原であった

次ペ−ジへ
目次に戻る