駐車場はキャンピングカ−でいっぱい

枝幸町でのウスタイベキャンプ場で車旅友との再会

キャンプ場にはすでに多くのキャンピングカ−が集結していた。Nさん他仲間も到着していて我々の駐車場所を確保してくれていた。Nさんは、海岸から「フクミミ」と呼ばれる海藻を沢山採り、天日干しをしていた。私は近くのホテル香林に温泉入浴の途中で仲間のHさんと出会う、その後は商工会議所に立ち寄り「カニまつり」の前売り券を5枚購入。夕食は仲間9人で談笑、Nさん、Kさんの奥さん方によるオニギリとフクミミの海藻を入れた味噌汁をごちそうになる。

2
今日は祭りの前夜祭てあるが、あいにくの天気、小雨模様で日の出も見られない、夜は寒くならないと良いのだが?
昼間は海岸やキャンピングカ−を見て廻る、昼食後にホテル香林で温泉入浴。

ホテル香林で入浴  後ろの山はスキ−場

岩と岩の間にも
所せましと花が咲く

今日は風もなく静かなオホ−ツクの海

花も咲き乱れて

海岸は広い平らな岩がとせこまでも続く
まさしく千畳敷海岸く

軽のキャンピングカ−も揃った

朝焼け 3時39分

朝食の準備が始まった

仲間達と一緒に

一年ぶりの再会
お互いの無事を喜び
皆で和やかに

Nさんと今年も
元気で会えたねえ

なにか深刻そう

ウスタイベキャンプ場

フクミミと言う海藻

海岸の周囲は花畑

71
晴れ、今日は約180Km離れた枝幸町で明日から行われる「カニまつり」に間に合うよう、8時にウスタイベキャンプ場へ向かう。
Kさんと一緒にR12.・40号線で出かけたが途中でバラバラとなり私は、R275号線の美深峠経由で12時半過ぎに祭りの準備が急ピッチで進むキャンプ場へ到着。

前を走っているのはKさんの車、後ろに大きなボックスを付けて
               荷物を入れ走る、後ろが重くて走りにくそう

青空と畑の緑一色のコントラストは素晴らしい

▲ページの先頭へ
1ペ−ジに戻る
次ペ−ジへ

海藻を採っている

目次に戻る

ウスタイベキャンプ場

途中で見かけた国道わきの鶴の飾り物 
   とても良くできていて通る人を楽しませている

途中の美深峠(標高443m)
北海道で最も北に位置する峠、
カ−ブがきつく比較的走りにくい

お祖母さんが育てている温室
今年も多くの野菜が育つ

国道275号線で枝幸町に向かって出発前

北の大地・北海道で友と楽しむ旅
目次に戻る

美唄町の風景、枝幸町のキャンプ場へ

2/17

1ペ−ジに戻る

あいかわらずお祖母さんの庭の手入れは行き届いてきれいにしている。自転車を借りて近くの沼を一周、青空と畑の緑のコントラストは素晴らしい。 とにかく焼けるように暑く日射しが強く眩しい、内陸性気候なので昼間は暑いが夜は涼しい昼食はKさん夫婦と近くのレストランへ行く青空のもと日射しは強いものの爽やかな心地良い風が吹き、北海道らしい広大な畑が広がりやっと北海道に来たなあと言う実感がわいたきた。早めに就寝する。

人家はあるものの人の気配は全く見当たらない

近くには大きな沼が広がる

夕食風景

Kさん宅前で

最も近い隣家でも200〜300mも離れている