目次に戻る
北の大地・北海道で友と楽しむ旅

4/17

1ペ−ジに戻る

宗谷丘陵

天塩へ向かう途中のR40号線沿いにどこまでも続く花

宗谷丘陵には多くの風力発電が立ち並ぶ

宗谷岬

次ペ−ジへ

 訓練に向かう自衛隊
北海道では自衛隊が訓練に
向かう風景に良く出会う

河川敷には花が咲き乱れる

オトンルイ風力発電施設の後方には利尻島を望む

5日

見渡す限りの花園

牧場の牧草第1回目も刈り終わった

天塩川

天塩川

堤防わきは延々と牧場が続く

天塩川と利尻島

なんとも素晴らしい景色

花と利尻島

素敵な風景

利尻島は少し霞んでいて残念

堤防の両側には花が咲き乱れる

利尻島

天塩道の駅

稚内駅前のお祭りの夜店
駐車場の空きがなく遠くから眺める

ギャラリー棟や市場棟(1階)と温泉棟(2階)のある2階建てで、屋外には波止場横丁と呼ばれる施設もある。1階には樺太等にあった施設や昔の懐かしい施設が展示されている。

副港市場の一角にある店

宗谷丘陵が続く

多くの牛が放牧されている

鹿と牛 かなり接近している

1ペ−ジに戻る
▲ページの先頭へ
目次に戻る

天塩大橋

天塩天売国道(R232号線)

天塩川の堤防上を走る

今日も天気が良い、祭りで雨に濡れたカッパ類等のあとかたづけ。昼前から稚内市に戻るのに海岸道路(オロロンライン)を走るべく天塩河口大橋を渡ろうとしたら、堤防の両側には綺麗な花が延々と咲いている。
天塩川の堤防は車も通行できることがわかり、上流に向かって天塩大橋まで走ってみることにした。
天塩川の後ろにはオトンルイの風力発電の風車が、遠くには利尻島を望む風景が続く。
その後はR232号線で再び天塩河口大橋まで戻り風力発電所を右手に左手には利尻島を眺め海岸道路を走る。

稚内市

ノシャツプ岬とお祭りの夜店

日の入りは見られず

18時54分