目次に戻る
北の大地・北海道で友と楽しむ旅

6/17

サロベツ原野〜ノシャツプ岬へ

1ペ−ジに戻る
私は稚内温泉(童夢)で入浴後、ノシャツプ岬へ向かい19時27分に沈む綺麗な夕陽を望む。稚内市内ではお祭りで夜店がでていたがやはり駐車場所がなく素通りとなる。夜にTさん、Kさん、Sさん達と稚内市のフェリ−乗場近くで合流し宿泊。
明日は利尻島・礼文島への観光旅行である。
再びオロロンラインに戻り走る、サロベツ原野の中程には稚咲内海岸が砂丘林があり針葉樹広葉樹(トドマツ、エゾマツカシワ等)の混交林緑地がつづく。
兜沼駅に立ち寄り一路稚内市に向かう。

稚咲内海岸砂丘林

兜沼近くの有料キャンプ場
ひとけがなく閑散としていた 

次ペ−ジへ

fj浜勇知園内より利尻島を望む だいぶ霞んできた

▲ページの先頭へ

地の涯につづく道路 ? 

こくこくと変化する太陽が星型になった

まさに沈もうとしている太陽   長く尻尾がついたような ?

ノシャップ岬の夕陽

私は稚内温泉(童夢)で入浴後、ノシャツプ岬へ向かい19時27分に沈む綺麗な夕陽を望む。稚内市内ではお祭りで夜店がでていたがやはり駐車場所がなく素通りとなる。夜にTさん、Kさん、Sさん達と稚内市のフェリ−乗場近くで合流し宿泊。

なんとなく幻想的な風景

兜沼近くにある兜沼駅
周辺には人家はほとんどない

稚咲内海岸砂丘林の手前は湿原となっている

砂丘林には水が流れて
いる場所もある

夕日を鑑賞する人達

目次に戻る
1ペ−ジに戻る

太陽が沈み 静けさが残るノシャップ岬

まもなく太陽が沈む

稚内近くで 利尻島を望む

稚咲内海岸砂丘林がどこまでも続く

太陽に尾があるような感じ