フェリ−Dデッキ

10日
今回は、曇天で船上での日の出を望むことはできなかった。
快適な船旅が続く、映画を見たりあちこち歩き回るが退屈してきた。船内をブラブラしているとバイクで北海道に来てこれから大洗に帰ると言う人に話しかけられる。聞けば北海道へは2泊の旅で行ったが雨に降られ観光はほとんどできなかったと言う。バイクは雨が降ると走るのもままならない。
その後は2時間以上も世間話しをする、朝食後はしばらくしてまた出会い、しばし原発や政治について話し時間を過ごす。
フエリ−は定刻よりも少し早い、13時半に大洗港に到着。
周辺は海のレジャ−客で大混雑、ほどなくR51号線はいり、1時間半で「道の駅いたこ」ハイク仲間のOさんと待ち合わせ、しばし談笑。
その後は関東自動車道に乗り自宅には17時に無事到着、なが-い旅でした。
旅友の皆さん大変お世話になりました。

                                 ありがとうございました。

追伸・今回は11日のフェリ−に乗船できて良かった。翌日はフェリ−欠航となりその後は台風が連続で発生、フェリ−も欠航便続出。帰るのは10日以上遅くなったものと思われる。
12
今日も朝から暑い、外は太陽がガンガン照り付け暑い、車の中にいると日陰で涼しい。帰る準備をし夕方に温泉入浴後はてテレビ見たりのんびりと過ごす。

直線距離29Kmの国道8号線
  日本で一番長い

道の駅まるせっぷ

丸瀬布森林公園
いろいろな列車が展示
され園内を走るようだ

丸瀬布森林公園

見物客は暑そうだ

北の大地・北海道で友と楽しむ旅
目次に戻る

17/17

1ペ−ジに戻る

キャンプ場〜北竜町(ヒマワリ)〜遠軽町(コスモス)〜鵡川〜苫小牧港〜大洗港〜自宅へ

9日

8日
今日も天気が良い、足もだいぶ快復するとじっとしていられない。
北竜町のヒマワリが見頃と言う事で出かけることにした、時間があれば遠くはなるが遠軽町のコスモスも見たいし、またキャンプ場に戻ってくるか分からないので旅友にお礼を言い出発することにした。皆さんが、名残惜しそうに手をふってくれたのが印象的でここを去るのが辛かった。
北竜町の近くになって考えると、先に遠軽町に行き北竜町に戻れば時間的なロスも少なかったのに、ヒマワリばかりが頭にあったので止む得ない。
この日は暑く、ヒマワリはちょうど見頃で多くの観光客が見に来ていた。私は、自転車を借り小高い丘まで行くが入院後の脚力が快復せず、坂道はようやくの思いで登った、ヒマワリは満開で見ごたえがあった。
しばし休憩後はさきほど走ってきた道を遠軽に向かって走る、旭川紋別自動車専用道路に入ると、なんと雨が降って急に寒くなってきた。
Sさんから電話があり、もう一度戻ってきたらどうかと言う、聞けば私の車はサブバッテリ−の充電が必要なので走っているが、キャンプ場でも1時間100円で充電できるからと言う事だった、しかしこの頃には遠軽に大分近づいていたので残念ながら戻るのは無理であった。
途中、白滝町で黒曜石の露頭を見られる場所があり、まえから見たいと思っていたのでR333号線から一般国道にでて林道に入るがなんと、すぐに通行止めの標識がありゲ−トは閉じていた、それではと別方向から入るがやはり同じ。
町の交流センタ−に連絡すると見学したかったら、詳細はホ−ムペ−ジを見て予約をしてほしいとつれない返事で断念。
夕方は丸瀬布森林公園前の丸瀬布温泉に入浴、「道の駅まるせっぷ」で就寝。

鵡川の海岸

アメリカ
セ−ラ−ム−ン

アメリカ
スタ−パ−ストレモンオ−ラ

中国のルビ−

世界のヒマワリも植えられていた

フェリ−内部

 

苫小牧港

ヒマワリ畑を走る展望車

アメリカ
ダブルダンディ-

早くもナナカマドが色づいた

近くにゆくと一斉に飛び立ちまた戻る

多くのツバメが道路でなにかを啄んでいる

遠軽に近くとなると土砂降り雨と風でまるで嵐のように、それでも太陽の丘(コスモス園)に向かうが休園でコスモスはまだ背が低く、花はわずかに咲いているが見るに堪えなかった、入口で写真を撮り戻ることにした。
フェリ−は太平洋を運行しているので、台風が九州に近づくまえから波に大きなうねりがあると欠航するのでできれば早く帰りたかった、今日もフェリ−会社に電話をするが、11日の夕方便ならばキャンセルがでて乗船できると言う、「道の駅むかわ」まで約400Kmはあるが明日(10日中)には行けそうなので14日の分を変更して予約する。それからは他に立ち寄りなしで苫小牧港に向かって走る、夕方遅く到着、ここは大きな港でフェリ−発着所が何ヶ所かあり、昨年は車のナビが使えずかなりてこずった場所である。今回はナビを使い簡単に到着することができた、乗船場所を確認し日高自動車専用道路で「道の駅むかわ」に向かう。
トラックが多く速度も速いのでびっくり、それにしても今日は良く走ったものである。
道の駅は海岸に近く内陸よりも涼しい、疲れたのか温泉入浴後はすぐに眠り着く。
今日は、フェリ−に乗船し北海道を離れる日である、お世話になったNさん、Sさん、Tさん達にお礼の電話をし、R235号線、海岸沿いの道路を走り乗船タ−ミナルには乗船手続開始前の15時に到着。
16時に乗船手続をし、土産等を購入、フェリ−で19時時間フェリ−に過ごす為の支度をし待機、17時半から乗船開始となる。
今日は大型トラックの少なく私も一般車と同じエリアなので乗船時間が早い。
フェリ−は定刻に出航、いつもながら自衛隊の退院達もかなり乗船している。きっと訓練で北海道からの帰りかも知れないと勝手な想像をする、規律正しく我々みたいに外でブラブラしいる隊員はいない。
私はレストランで夕食と朝食のセットメニュ−券を購入、風もなく揺れもなく穏やかでのんびりとした時間を過ごす。

11

背丈が低くまだ咲きはじめ

遠軽のコスモス園

丸瀬布森林公園

黒曜石の露頭が見られる
林道は通行止め

白滝町

見ごたえあります

広大なヒマワリ畑

1ペ−ジに戻る
目次に戻る
▲ページの先頭へ