北の大地で・友と祭りを楽しみ、秘境駅を訪ね・アポイ岳に登る

レストラン

目次に戻る

1/22

2017.6.28〜7.23

車旅の友との一年ぶりの再会   

今年もまた北海道の季節が巡ってきた、4月頃より準備を始めなんとかまにあった。今年はどんな旅が待っているのであろうか? 期待に胸が弾む。いつになっても子供のように旅は愉しいものである、Nさんいつもありがとう ! 今年も良い旅ができそう 全ての準備が整い出発となる。

日の出は見られず
  4時37分

長期の旅なので数か月にわたり掲載

6月27                     フェリ−の旅は快適そのもの
自宅を12時半過ぎに出発、東関東自動車道を経由「道の駅・いたこ」には13時半着、その後はR51号線経由で大洗港のフェリ−乗場に14時半頃に到着。フェリ−はすでに深夜便(翌日1:45分発)を予約してあったが、できれば夕方便(18:30分発)に乗船し駐車場確保の事もあり少しでも早く枝幸町の千畳岩キャンプ場に到着したかったのである。予約時には夕方便は車の予約が満車で空きがなかった。
夕方便のキャンセル待ちの申込みをし、18時過ぎの出港近くになってキャンセルがあり夕方便に乗船OKとなる、ラッキ−で切っ先の良い旅である。
船はまだペンキの匂いも残る竣工したばかりの「さんふらわふらの」という新造船、船内はきれいで設備も立派、これならば気持ちの良い船旅ができそうだ。1830分の出港後、すぐにお風呂に入り夕食はパンを購入してあったので簡単にすませベッドに入りすぐに就寝。
船はほとんど揺れる事もなく充分熟睡したようだ。
次ペ−ジへ

今回の主な立ち寄り地

28
午前4時前に朝日を見るべく早起きし甲板にでたが、残念ながら雲が多く海から昇る太陽を見る事はできなかった。
波は穏やかで時々海鳥の群れに出会いしばし見とれる。そう言えばどこかに海鳥の観察もできる船と書いてあったっけ。
新造船は船尾後方にドッグランが新設され、愛犬家にとっては至れり尽くせりである。朝食と昼食はすでに予約してあったのでレストランでバイキングの朝食となる。これからしばらくは野菜不足となりやすいので多めの野菜を食べる。
昼食後まもなく定刻の
13:30分に苫小牧港到着、1年ぶりの港である。北の広大な景色は少し肌寒いと言うか心地よい風を受けて、ようやく北海道に来たなあと感じる。
フェリ−から降りるとすぐに、枝幸町を目指して走りだす、地平線まで広がる広大な畑と青い空やっぱり北海道だなぁと実感しながら快適に車を走らせる。
今回もR234号線〜R12号線〜R40号線経由で目的地へ。
事前に
Nさんに苫小牧港には28日に到着予定と話してはあったが、途中で電話がありキャンプ場の駐車スペ−スは確保したとの連絡があった。
仲間がこのようにお互いたすけあってこそ車旅を続ける事ができるのであり、かんしゃ感謝である。
夕方近く「道の駅・もち米の里なよろ」に到着、ここは昨年何度となくお世話になり、2週間も入院した名寄病院のある町であり思いで深い。
無理すればキャンプ場まで行く事も可能であったが駐車場も確保されているので、今夜は近くの名寄温泉で汗を流し早目に就寝。

スクリュウでつくられた波がどこまでも続く

カジュアルル−ム
私はこのベッド

Dデッキ トラック用スペ−ス
私の後方はトラックが10数台乗車

北海道

船 尾

山の峰にたなびく雲 残雪多し

緑大地、青い空、白い雲 
ワ−イ  北海道に来たゾ−

上からステップが降りてきた

なにやら海上に建造物が

苫小牧港が近くなってきた

喫煙室

ドッグラン

ペットル−ム

海鳥の群

カジュアルル−ム
両側が2段ベッド

カジュアルル−ム

豪華な造りのフロア−

立派なロッカ−もある

▲ページの先頭へ

船 内

夕暮れせまる名寄市近くで

Dデッキから上に車がででいく

遠くに陸地が見えてきた

大洗港の「さんふらあふらの」

大洗港

朝食バイキング

ここに着岸

  大洗港とは違いコンビナ−トもあるので広大な港

昼食はカレ−食

窓のそばは吹き抜けの階段となった

28日 苫小牧港(フェリ−下船)〜「道の駅・もち米の里なよろ」泊まり
29日 道の駅〜なよろ健康村キャンプ場〜枝幸町千畳岩キャンプ場(ウスタイべ千畳岩キャンプ場泊まり
30日 枝幸町千畳岩キャンプ場泊まり
71(枝幸町カニまつり前夜祭)千畳岩キャンプ場泊まり。
2 (枝幸町カニまつり本祭)千畳岩キャンプ場泊まり。
3日 キャンプ場〜能取湖〜北浜駅(JR釧網本線)〜小清水原生花園〜「道の駅・うとろシリエトク」〜知床峠〜「道の駅・うとろシリエトク」泊まり。
4日 道の駅〜知床峠〜カムイワッカ湯の滝〜ホテル地の涯〜知床横断道路〜「道の駅・知床らうす」〜野付半島〜「道の駅・おだいどう」〜風連湖畔「走古丹原生花園」〜風連湖(ヤウシュベツ湿原)〜双岳台〜阿寒湖(アイヌコタン)〜「道の駅・あしょろ銀河ホ−ル21」泊まり
5 道の駅〜糠平湖(JR旧士幌線橋梁遺跡を巡り)〜三国峠〜層雲峡駐車場泊まり
6日 駐車場〜層雲峡紅葉谷(紅葉滝)ハイク〜流星の滝・銀河の滝の展望台(双爆台)〜浮間湿原層雲峡駐車場で泊まり
7日 駐車場〜愛別ダム〜天塩岳登山口〜岩尾内湖〜電子基準点〜「道の駅・もち米の里なよろ」泊まり
8 道の駅〜自衛隊名寄駐屯地〜(鏡沼しじみまつり前夜祭)〜「道の駅・てしお」泊まり
9日 道の駅〜天塩川堤防〜幌延ビジタ−センタ−〜サロベツ原野〜サロベツ湿原センタ−〜サロベツ海岸〜宗谷岬(ノシャップ岬)〜「道の駅・わっかない」泊まり
10日 道の駅〜トナカイ観光牧場〜宗谷本線の秘境駅巡り(上幌延駅・南幌延駅・安牛駅・雄信内駅・糠南駅・問寒別駅・歌内駅・天塩中川駅・佐久駅)〜北海道命名の地〜(藤島駅)〜「道の駅・マリ−ンランド岡島」で泊まり
11 道の駅〜恐竜デスモスの里(化石発掘跡現場)〜西尾峠〜美深松山湿原〜トロッコ王国〜仁宇布原生保存林〜「道の駅・マリ−ンランド岡島」
12 道の駅〜終日片付け等〜幸町キャンプ場で泊まり
13
日 
枝幸町のミュージアム見学〜神威岬〜クッチャロ湖(グロ−バ−の丘)〜ウンタン砂金地〜中頓別鍾乳洞〜「道の駅・さるふつ公園」泊まり
14日 浜鬼志漁港まで散策〜猿払電話中継所跡〜「道の駅・さるふつ公園」泊まり
15 さるふつホタテまつり前夜祭 「道の駅・さるふつ公園」泊まり
16日 さるふつホタテまつり本祭〜枝幸町〜千畳岩キャンプ場泊まり
17 キャンプ場〜拓殖起動跡〜うたのぼり健康回復村〜丹波屋〜宗谷本線秘境駅巡り(音威子府駅・咲来駅・天塩川温泉駅・豊清水駅・恩根内駅・紋穂内駅・初野駅・美深駅・南美深駅・智北駅・智恵文駅・北星駅・日進駅・名寄駅)〜羊と雲の丘公園〜「道の駅・とうま」泊まり
18 道の駅〜富良野パッチワ−クの道〜せるぶの丘〜就実の丘〜富良野八景巡り〜富良野パノラマロ−ド(パノラマロ−ド江花・旭野やまびこ高地)〜富田ファ−ム(ラベンダ−)〜十勝岳温泉〜ラベンダ−の海〜「道の駅・南ふらの」泊まり
19 道の駅〜高倉健(鉄道員ぽっぽやの撮影現場(JR根室本線・幌舞駅)〜狩勝峠〜狩勝高原の桜並木文学の散歩道〜旧狩勝線の新狩線跡(小笹川橋梁・レンガア−チ橋)〜佐幌川(十勝川上流)橋梁新設工事現場〜黄金道路〜豊似湖〜襟裳岬〜様似駅(日高本線の終着駅)〜「道の駅・みついし」泊まり
20 道の駅〜アポイ岳登山〜「道の駅・鵡川」泊まり
21 道の駅〜大沼〜苫小牧港発18:30分フェリ−に乗船
22 大洗港着14:00〜涸沼(ラムサ−ル条約登録地)〜鹿島神宮(茨城県)〜神栖市〜「道の駅・いたこ」泊まり
23日 神栖市〜犬吠埼〜東京

目次に戻る