秋の伊豆旅行
2017.10.16〜18
目次に戻る

古代魚シ−ラカンスを展示しているのは沼津港深海水族館だけ

深海生物は生態も良く分かっていない
のに加えて飼育が大変難しい

丹沢湖 玄倉(ユウシン渓谷ハイキングスタ−ト地点)

神奈川県に用事があり、ついでに伊東温泉の宿舎も空いていたので2泊するべく出かけた。第1日目は朝から雨がかなり降りまっすぐ宿舎に行く事にした。第ニ日目は沼津港深海水族館に出かけ、三日目は国道1号線経由で東京に戻る。

シ−ラカンスの内臓図

深海のサンゴ

宇佐美海岸

伊勢原市の高部屋神社

第1日目

ユ−シン渓谷は10月22日にハイク仲間と
くる予定であり、林道を歩くのであるが
ヤマビルがでるとの話があり、調査で立ち寄った

沼津港大型展望水門びゅぅお

沼津港マッケットモ−ル

世界遺産に登録された韮山反射炉

雨に煙る丹沢湖

丹沢湖

伊豆スカイラインは大雨の為に一部通行止め

水族館内部

今日は朝から土砂降りの雨、天気予報では大雨警報が発令された。いろいろと思案のすえ日本で一番深い駿河湾(最深部2,500m)を目前にし、深海の生きた化石と言われるシ−ラカンス5体を目玉とした、世界でも類を見ない深海生物に特化し2011年に開設した沼津深海水族館に行く事にした。

第ニ日目

冷凍保存の展示 2体 ; 冷凍保存は世界でここだけ

沼津港深海水族館近くで

目次に戻る
▲ページの先頭へ

この小舟で捕獲した

ユ−シン渓谷ハイクスタ−ト地点

       珍しいヒカリキンメダイ
すばしこく動き廻り、ホタルのように点滅して見える

雨をものともせずサ−フィンを楽しむ人達

大きな切り株 年代不詳
車と比べても大きい

    ヤマト トックリウミグモ
他の生物の体液を吸って生活している

この神社の前をよく通るのだが
道路際の大きな木の切り株が
気になっていて今回立ち寄った

剥製展示 3体

高部屋神社

   登録後の現状が知りたくて立ち寄った
周辺はきれいに整備され反射炉の見学は有料となった

平成27年7月5日に「明治日本の産業革命遺産」に登録された