2017.12.23〜26

目次に戻る
師走の妙高高原・志賀高原・親不知を訪ねて

1/3

野尻湖・関温泉・燕温泉・糸魚川駅前の大火跡・
       親不知・境関所跡・志賀高原・木島平・妙高杉ノ原

宿舎〜R18号〜R8号経由で糸魚川駅(大火の跡を見学)親不知展望台関所跡黒部川から戻り親不知ICで北陸自動車道〜上信越自動車道中郷ICで降り一般道で宿舎に戻る。
久しぶりに師走の妙高高原を訪ねる、今までならばこの時期はスキ−と言うところであるが今年は「休暇村妙高」に3泊4日の行程で、上越地方のスキ−場巡りをすることにした。

   糸魚川駅
ひとけもなくひっそり

休暇村妙高前

親不知展望台

宿舎より休暇村ゲレンデと妙高山を望む

第1日目

本日の夕食メニュ−

休暇村妙高の部屋

23日(土)7時に東京を出発、首都高速〜関越自動車道〜上信越自動車道〜信州中野IC〜野尻湖関温泉(スキ−場)〜燕温泉(スキ−場)〜休暇村妙高

鶴来屋跡

鶴来屋跡

糸魚川駅前の大火跡

部屋より望む、車は少ない

休暇村妙高のレストラン

休暇村妙高

長野県県道96号線沿い 信濃町古海近くで 

次ペ−ジへ
目次に戻る
▲ページの先頭へ

左の焼け残った木柱に
刻まれていた文字

親不知ジオサイト(道の駅)

夏ならば多くの観光客で賑わうが
今は寒風吹きすさび寒く訪れる人も
ほとんどいない

国道18号線から妙高高原駅近くで妙高山を望む

上信越自動車道からの景色

親不知展望台

糸魚川駅前はちょうど1年前の平成28年12月22日に
出火し鎮火まで約30時間を要した大火
燃焼面積約4万u、約147棟に及んだと言う

未だに焼け野原が続く

第2日目

国道から休暇村へ向かう

関越自動車道からの景色

加賀の井酒造跡

焼け残った木柱

手つかずの場所も多い

建物の新築中

夕食後のイベント 
地元の演奏家が出演

燕温泉スキ−場

関温泉スキ−場

野尻湖畔より妙高山を望む

信州中野IC付近から志賀高原方向を望む