今年も来ました寒い? 北海道 それでも愉しい旅友との再会
 目次に戻る

2018.6.25〜8.2

1/22

暑い東京を出発、オホ−ツク沿岸は連日雨で寒く防寒具着用の日々が続く、帰り近くになってようやく天気が安定
今年もまた北海道の車旅に出かける。旅友とは1年ぶりの再会である。しかし前半は天候が悪く旅友もいろいろ都合で来れない人も多かったが、後半は天候も安定し多くの仲間と一緒に楽しい集いがあり、充分楽しむことができ、旭岳にも登れ大白鳥雪渓と日本一広大と言われる満開のチングルマを見る事ができた。Nさん今年もいろいろお世話になりました。
今日は「かにまつり」前夜祭である、天気はやはり悪い、朝から曇天である。日中は近くの漁港に出かける、時々青空も見えこれなら天気は大丈夫と思っていたら、また夕方近くから雨が降ってきた。前夜祭の会場にHさんとKさんを誘ったがKさんは自車でくつろぐとの事、Hさんと大テントの中で前夜祭の余興を見ながら談笑にふける。「キャンプ場」宿泊。

夢想漣えさしの演舞

4時14分太陽がでてきたがすぐに雲に隠れた

月日    宿泊地                    内                              容
6/25 大洗港(フェリ−) 晴れ・自宅を昼の12時頃に出発、大洗港に午後4時前に到着 19時45分発のフェリ−で苫小牧港へ
 26 道 マオイの丘 小雨・苫小牧港に13時30分到着〜明治天皇行幸跡(御前水)〜R36号線他〜マオイの丘へ、 
 27 枝幸 キャンプ場 雨・R337号線〜R234号線〜R12号線〜神居古潭〜枝幸町ウスタイベ千畳岩キャンプ場に夕方に到着  
 28      々 雨・寒く防寒具着用、キャンプ場で終日旅友と雑談等
 29      々  曇り時々雨・今日も寒い、旅友と旅談義等「かにまつり」の準備が始まる
 30      々 曇り時々雨・今日もあいかわらず寒い、枝幸漁港まで散歩に出かける。かにまつり前夜祭 
7/1 道の駅 おかじま 曇り時々雨強しで寒い・かにまつり本祭、午後から「道の駅マリ−ンランド岡島」に移動
  2   々   もんべつ 曇り時々雨・上士別小学校跡〜天の川トンネル〜松浦武四郎野営地〜サンルダム〜一の橋駅跡〜行者の滝〜「道の駅紋別}
  3   々   あばしり 曇天・サロマ湖のサンゴソウ群生地〜「道の駅網走」
  4   々  もんべつ 曇天・小清水原生花園〜オシンコシンの滝〜知床峠〜カムイワッカ湯の滝〜ホテル地の涯〜天に続く道〜「道の駅紋別}
  5   々  おかじま 雨時々曇り・日の出岬〜「道の駅オ−ム」〜北海道命名の地〜「道の駅マリ−ンランド岡島」
  6  々  てしお 曇天その後晴れ・「道の駅おといねっぷ」〜「道の駅なかがわ」「道の駅てしお」(初めて青空となる、少し肌寒いが心地良い風)
  7   々  てしお 晴れ・「天塩厳島神社」〜しじみまつり前夜祭
  8   々  てしお 快晴・ しじみまつり本祭〜川口遺跡 
  9   々  なよろ 曇り・R232号線〜豊岬小中学校跡〜R40号線〜「道の駅なよろ」
 10   々  なよろ 曇り・風連湖〜宗谷本線駅巡り(東風連・風連・下士別・士別)〜朝日三望台シャンツ〜岩尾内ダム〜万里長城〜「道の駅なよろ」
 11   々 わっかない 曇り・道道106号線〜サロベツ原生花園〜R238号線〜稚内ノシャツプ岬〜「道の駅わっかない」
 12   々  さるふつ 曇り・ノシップ岬〜宗谷岬〜大沼公園〜豊岩遺跡群〜R238号線〜「道の駅さるふつ」
 13   々  さるふつ 曇り・さるふつ漁港、仲間と談笑
 14   々  さるふつ 曇り・さるふつ村探索(さるふつ漁港、さるふつ村営スキ−場、さるふつ村役場)ホタテ祭り前夜祭
 15   々  おかじま 雨・ホタテまつり本祭、R238号線枝幸町経由〜「道の駅マリ−ンランド岡島」
 16   々  なよろ 曇り・道道12号線〜R40号線〜名寄市〜R275号線〜朱鞠内湖〜雨竜ダム〜祖神の松〜R275号線〜「道の駅なよろ」
 17   々 ひがしかわ 晴れ・R233号線〜添牛内小学校跡〜士別峠〜幌加内〜鷹泊ダム〜「道の駅ひがしかわ」
 18   々 ひがしかわ 晴れ・美瑛(セブンスタ−の木他・青い池)〜富良野(千望峠〜富田ファ−ム)〜旭岳温泉〜天人峡〜「道の駅ひがしかわ」 
 19   々  しかおい 晴れ・ぜるぶの丘〜日の出ラベンダ−公園〜根室本線巡り(富良野・布部・山部・下金山〜金山他)〜狩勝峠〜「道の駅しかおい」
 20   々   うりまく 晴れ・扇ヶ原展望台〜然別湖〜西瓜幕火砕流露頭〜北海道拓殖遺跡〜「道の駅うりまく」
 21   々  おかじま 薄曇り・糠平湖〜三国峠〜層雲峡から瀬戸牛峠〜西興部村〜「道の駅マリ−ンランド岡島」                       
 22 クッチャロ湖 晴れ・枝幸町展望台〜クッチャロ湖キャンプ場
 23 クッチャロ湖 晴れ・クッチャロ湖キャンプ場
 24   々  摩周温泉 晴れ・オホ−ツク流氷公園〜小清水原生花園〜ジャガイモ街道〜藻琴山〜川湯〜硫黄山〜「道の駅摩周温泉」
 25   々  摩周温泉 薄曇り・裏摩周〜神の子池〜緑ダム〜天に続く道〜知床峠〜標津町ポ−川史跡公園〜「道の駅摩周温泉」
 26 旭岳温泉 P  薄曇り・錦沼〜オンネト−〜足寄〜旭岳温泉
 27   々 ひがしかわ 晴れ・旭岳登山(姿見駅〜裾合平〜中岳分岐〜間宮岳〜旭岳〜姿見駅)
 28   々 南ふらの 晴れ・羽衣の滝〜望岳台〜「道の駅南ふらの」
 29   々  むかわ 晴れ・「道の駅南むかわ」片付け整理
 30   々  むかわ  薄曇り・「道の駅南むかわ」」
8/1   々  船中 薄曇り・フェリ−泊                               
  2    自宅 東京に戻る
朝起きるとかなりの雨が降っている、どの道を走るかいろいろ迷ったが雨では見るところもないので、とにかくまっすぐオホ−ツク沿岸の目的地である枝幸町のキャンプ場に向かうべく、R337号線・R234号線・R12号線経由で深川市を通り、R12号線で休憩がてら「神居古潭」に立ち寄り、R40号線、R275号線を通りキャンプ場へは19時前に到着、事前に連絡をしておいたKさんが場所を確保してくれていた。キャンプ場はぬかるんでいてようやく所定の場所に駐車。今年もここで合流予定だったNさん、Tさんもいろいろな都合で来られなくなったとのことで残念。「枝幸町ウスタイベ千畳岩キャンプ場」宿泊。
27日

まつり見学の人達

Hさんとビ−ルを飲みながら談笑

ツマミはかに

枝幸漁港近くで 綺麗な砂浜

枝幸漁港

まつりが始まった

枝幸町からキャンプ場を望む

前夜祭の会場 雨が降ってまだ人影なし

7月1日
今朝は「かにまつり」本祭の日である、朝は大した雨ではなかったが途中から時々雨が強く降ったり止んだりと変化の激しい日である、まつりは昼に終了。Hさんはまたの再会を約束して稚内方面に移動、私は「道の駅マリ−ランド岡島」に移動し宿泊。
今日もまた雨で寒い、明日の「かにまつり」の準備が始まる。いつもよりキャンピングカ−も少ない、人気がなくなったのであろうか? 以前はバ−ベ−キュ−をする焼き台が設置されたが、昨年からテントのみで我々としては仲間と集まれる談笑の場がなくなり少し寂しい。昼近くにHさんがやってきた。もっとも最近は気候変動のせいか、寒く雨でも降ると東京の真冬のような感じでバ−ベ−キュ−どころではなくなってきた。終日ブラブラしたり談笑に明け暮れる。「キャンプ場」宿泊。

踊り子さんも子供と一緒に

Kさんと一緒に

漁船のパレ−ドを見る人達

私はこの傘の置いてある
場所に駐車 道路はぬかる
んで出入りは悪戦苦闘

枝幸町のウスタイベ千畳岩キャンプ場 
雲が低くたれガスがかかっている

枝幸町のウスタイベ千畳岩キャンプ場
      仲間と談笑

かに汁一杯500円 なかなか美味しい

自衛隊の装甲車も展示

漁船が勇壮に大漁旗をなびかせてパレ−ド

昨晩はかなり強い雨が降っていたが今朝もまだ雨で景色も霞んでいる。あまり顔なじみの仲間が少ない、終日仲間と談笑に明け暮れる。Hさんにここに来たらどうですか?と電話をする、すぐに来るとの返事、良かったあ・・・  「キャンプ場」宿泊。
28日

明治天皇行幸跡の御前水

苫小牧港

近くには陸中海岸 ? が見える

カジュアルル−ムのベッド

フェリ−の船内

連日暑さの続く太陽のまぶしい東京を25日昼に出発、一般道経由で大洗港に到着したのが16時頃、予約していた便は26日の深夜1時45分発であるが、船が古くてレストランもないのでできれば、夕方便の19時45分に乗船したかったのである。夕方便のキャンセル待ち受付1番で、19時少し前に乗船できた。しかしストランの夕食時間には間に合わず、持参したパンで夕食。船内は満席状態であったが私はカジュアルル−ム(ベッドの部屋)で船は揺れる事もなく快適な船旅が続く、朝4時に水平線から昇る日の出を見に甲板にでたが、すぐに雲がでてきた。曇天の苫小牧港には翌日定刻の13時30分に到着。36号線経由で枝幸町に向かう途中「明治天皇行幸跡の御前水」に立ち寄り、車に燃料を補給し雨模様の「道の駅マオイの丘」には18時半過ぎに到着し宿泊

8月25日〜26日

歌謡ショ−に出演した 北山たけし

目次に戻る
▲ページの先頭へ

雨に降られながらも
かにまつりも終わった

茨城県神栖市農協の無料で配られた
ピ−マンに並ぶ行列

踊り子さん達がTシャツ販売 
  あまり売れていない

トマトを買う人達
 かなり安い

次ペ−ジへ
30日
29日

枝幸町のウスタイベ千畳岩キャンプ場

土砂降りの雨で対岸にはゆけず

マオイの丘展望台より望む

マオイの丘展望台より望む

まつりの準備がはじまった

キャンプ場前の海

キャンプ場 きょうも天気が悪い