今年も来ました寒い? 北海道 それでも愉しい旅友との再会
目次に戻る
1ペ−ジに戻る

13/22

鹿追町ジオパ−ク巡り

大雪国立公園で昆虫採集の人が大勢いてびっくり

標高206mの瀬戸牛峠
西興部村が一望できる峠


沿道には所々に約30人程の人が、
昆虫採集、話しによると珍しい
蝶がいて高値で売れるとの事、
四国から来たが費用を
かけても充分に採算が
取れると言う


夏でも涼しい風が吹いてくると言う穴

鹿追町のジオパ−クセンタ−でいろいろな情報報を
聞いて再度、然別湖近くまで戻る

なんと国立公園内で昆虫採集とはびっくり

21日

今朝は薄曇り、「道の駅うりまく」〜R241号線〜糠平湖(タウシュベツ川橋梁)三国峠〜R39号線〜層雲峡(大函)〜R273号線〜県道137号線〜瀬戸牛峠〜R239号線〜西興部村〜R238号線〜「道の駅マリ−ンランド岡島」宿泊。
三国峠付近を走っているとNさんより電話有り、明日には枝幸町に到着との事、合流するべく私もまっすぐ向かう事にした。

層雲峡 大函の駐車場
川の縁が新しいコンクリ−トで
工事がされている
土砂崩れの
影響であろうか 
土産物屋はなくなった

      層雲峡 大函
昨年は土砂崩れで見学できなかった
以前に比べてずいぶんと壁が崩落した

R273号線 三国峠〜大雪湖への道
両側は白樺林が延々と続く快適な道路

     三国峠で見かけた
外国人旅行者がのっていた自転車

三国峠の橋梁からの展望

R273号線三国峠近し

この辺りの道路際には多くの
 ルピナスが咲くがもう終盤

十勝平野の土台をつくった土

駒止湖

▲ページの先頭へ
次ペ−ジへ
1ペ−ジに戻る
目次に戻る

扇ヶ原展望台より望む

22日

三国峠の橋梁

糠平湖の湖底に沈んだタウシュベツ川橋梁

枝幸町の展望台より望む

麦畑だろうか ?  

今日は朝から天気が良い、ここから枝幸町までは近い。枝幸町のホテル香林の裏山には町が一望できる展望台があり出かけてみる。その後は電話で聞いた場所へ、Nさん夫婦とは一年ぶりであるが元気いっぱい、とりあえずは今年もお互いに元気で会えた事に感謝である。
なんと言っても私にとっては今年も北海道で旅を続ける事ができるのはNさんのお蔭である。いつもありがとう。
Nさんの借りている部屋はかなり広く、海岸より少し高い所にあり雨風を避けれられる立地条件の良い場所にあった。なしろ昨年も借りていて8か月ぶりのセカンドハウスで、今年もここをを起点に約3か月間に亘り北海道を巡る旅が始まるのである。掃除や片付けで忙しそうである。
その後、近くのクッチャロ湖畔で旅仲間とバ−ベ−キュ−をやるとの事で、Nさんのはからいで仲間に入れてもらう事になった。
湖畔のキャンプ場に到着すると、すでに10人程の仲間が集まっていた、私には初めての仲間であったが旅名刺を渡し挨拶、すぐに仲間に入れてもらう事ができた、夕暮れ近く地元のFさんが到着し、そうそうにバ−ベ−キュ−の準備がはじまり、お互い旅談議でたのしい楽しいバベ−キュ−の時間を過ごす。

    西興部村 オレンジ色はシンボルカラ−   瀬戸牛峠より望む

R273号線の道路は快適そのもの

層雲峡

層雲峡 銀河トンネル

  軽便鉄道
河西鉄道  鹿追駅跡

北海道拓殖鉄道機関車