北海道 紋別・稚内バスの旅
目次に戻る

1/3

2018.10.29〜31

北海道の紋別・稚内のオホ−ツク沿岸は、ツア−でもなかなか少ない、今回は夏とは違った2泊3日のバス旅をする事にした。
第1日目・羽田〜(飛行機)〜ホオ−ツク紋別空港〜とっかりセンタ−〜オホ−ツクタワ−〜流氷科学センタ−〜紋別市立博物館〜紋別温泉(プリンスホテル)
第2日目・出塚水産〜クッチャロ湖〜猿払〜宗谷岬〜稚内(ANAクラウンプラザホテル稚内)
第3日目・北防波堤〜ノシップ岬〜北の桜守資料館〜稚内空港〜(飛行機)〜羽田

タワ−内は展示室となっている

30日

大きなズワイガニがでた

ホテルの部屋

紋別プリンスホテル

昔の人の暮らしと道具等を展示

紋別市立博物館

29日

氷点下20℃の部屋

クリオネは 3 種類程度いるらしい

 おとなしいアザラシ

 弾力性がある皮膚

我々は後方席で写真もままならず

ホテルから紋別市内を望む

気持ち良く杵をつく

夕食後に外国人向けの
ももちつきに飛び入り参加

  ↑
上に泳ぐクリオネだけが
良く見ると全体的に赤い

クリオネが500匹

海底7,5mの見学ができる

スポ−ツシアタ−
かなり迫力はある

流氷科学センタ−

機内は左右 3 列
  ほぼ満員

紋別上空

楓の紅葉がきれい

羽田は遅い出発便

3日間乗車したバス

東京湾上空

小さな子供でも大丈夫

紋別空港は羽田発の
ANA一日便のみ運行

ホテルの部屋からオホ−ツク海岸を望む
ちょうど日の出時刻  6 時 8 分

ガリンコ号

タワ−には専用車で移動

オ−ツクタワ−

 それぞれ名前がついていて
名前を呼ぶと飼育員のところよって来る

アザラシを間近でみられ触れる

とっかりセンタ−

昼食風景

紋別市内付近の紅葉

タ−ミナルへは一旦地上に
降りてから歩く

目次に戻る
▲ページの先頭へ
次ペ−ジへ