2007.9.15〜16
高原&味覚&温泉 ミステリ−ツア−
目次に戻る
竜門峡は台風9号で橋が落下し通行止め、大菩薩峠への登山口である長兵衛小屋から国道411号線への林道も通行止めで甲府経由で刈坂トンネルをぬけ秩父へ。世界最大級の地下500mにある揚水発電所(葛野川発電所)の一部、上日川ダムを見学。
今回も9月15日〜17日が三連休であったが、都合で15日の昼過ぎに東京を出発した。
国道20号線から甲府に向かったが、大渋滞に巻き込まれ勝沼に着いたのが夜になってしまった。
16日は早朝に大菩薩峠の長兵衛小屋めざして走る、途中に滝が多くモミジ等の紅葉する木々が多く、渓谷美もすばらしい日川渓谷の竜門峡を散策する予定であったが、台風9号で竜門橋が通行止めとなり残念。
大菩薩湖のわきを通り大菩薩峠の登山口である長兵衛小屋へ、ここから裂石温泉まで林道を下る予定が理由ははっきり判らないが何故か通行止めとなっている。やむ得ず来た道を勝沼まで戻ることにした、途中で高さ87mの上日川ダムに立ち寄る。
このダムは富士川水系の日川の源流部に上部ダム(上日川ダム)を、大月市の相模川水系土室川の中流部に下部ダム(松姫湖)があり、中間には地表から500mの深さに高さ54m、幅34m、長さ240mの葛野川発電所がある、有効落差は世界最大級を誇る714mもある大規模な揚水発電所である。
目次に戻る
            大菩薩峠への道 
        大きな倒木が道路に落下寸前
          日川渓谷竜門峡
              竜門峡入口         竜門峡の散策路は通行止め
            大菩薩峠の入口        大菩薩峠への入口にあるロッジ
   大菩薩湖      奥の南駐車場では
      大規模なコンサ−トが行われていた
              上日川ダム
             上日川ダム    上日川ダムの堰堤にはコマクサが咲いていた
           上日川ダムの堰堤  大菩薩峠から国道20号線に戻る途中の分岐点
       には下のような見事な滝が
勝沼町から塩山市を通り、こくどう140号線の雁坂道から雁坂トンネルを抜けて秩父に。帰りは飯能市から新青梅街道で東京に夜遅く戻る。
 勝沼のドライブインでものすごい煙が発生     雁坂トンネル入口 勝沼側ゲ−ト
       雁坂トンネル 出口で   中津川は台風で流された流木で埋まっていた
▲ページの先頭へ