感じて観て 知床・阿寒・網走・知床の紅葉を訪ねて
2007.10.27〜29
1/5
目次に戻る
今年もまた知床半島の紅葉を観る
羽田を出発したのが午前8時で新千歳空港には9時半過ぎに到着する。気温は13℃でこの時期としては比較的暖かい、このツア−は全員で40名弱で添乗員同行である。天気予報では曇りまたは雨とのことであったが青空で天気がよさそうだ。                    
目次に戻る
下記の写真は何れも車窓から
   千歳空港近くで      穂別ダム     夕張インタ−近くで
最初に「滝の上公園」に向かう、この公園は夕張市の南端、石勝線の滝ノ上駅近くにある渓谷美のすばらしい公園で夕張川の流れが侵蝕してできた無数の滝と奇岩が織りなす「千鳥ヶ滝」は絶景である。夕張川にかかる橋からの紅葉はすばらしくばっちり。思わず歓声を上げてしまう。それもそのはず道内では紅葉のきれいな場所として有名なのである。北海道にはめずらしくモミジ等の赤い紅葉があり周囲の景色とマッチしなんとも言えない雰囲気である。例年ならとっくに終わっているはずの紅葉が今を盛りと錦秋の輝きをみせているのである。
        滝の上公園入口 石勝線 所々にこのようなものが 雪落とし場 ?
         公園のなか  この橋からは素晴らしい紅葉が見られた
                      北海道は赤い紅葉は少ない
                            千鳥ケ滝
                          しばし見とれる美しさ
        公園のなか     滝の上発電所 大正14年建設
           現在も稼動中
         公園の駐車場             石勝線 
次に 国道247号線で日高ウエスタンファ−ムで昼食となる、北海道の道東も晩秋ともなれば観光客も少ないのか国道を行き交うバスもほとんどみかけない。
国道の日勝峠(標高1023m)ここからの十勝平野の眺望はすばらしいのだが薄曇でいまいちである。
          日高ウエスタンファ−ム          カラマツの紅葉がすばらしい
          日勝峠         十勝平野は霞んでみえず
11月ともなれば北国の夕暮れは早い、薄暗くなった頃に「松山千春」の生まれ故郷である足寄で小休憩となる。
       足寄のドライブイン        店内も「松山千春」一色
すっかり暗くなった道をバスは一路、阿寒湖に向かって走る。
昨年に引き続き、今秋も晩秋の知床半島・阿寒・網走にでかけることにした。
コ−ス
新千歳空港〜滝の上公園〜日高ウエスタンファ−ム〜(国道274号)〜日勝峠〜(国道271号)〜阿寒湖(宿泊)〜オンネベツ川の鮭の遡上見学〜オシンコシンの滝〜知床峠〜知床五湖(一湖・二湖)〜知床海上クル−ズ(硫黄山コ−ス)〜網走(宿泊)〜朝日ケ丘公園展望台〜層雲峡の流星・銀河の滝〜美瑛〜富良野〜フラワ−ランドかみふらの〜新千歳空港移動は全てバスで第1日目は約300Km 第2日目は約330Km  第3日目は約500Km 走る。
▲ページの先頭へ