早川町には一年に何度となく出かけたいるが、今回はマイカ−でドライブに出かけた。あいにくの雨であまり町内をまわることはできなかったが、普段なかなか行くことのできない場所を見ることができた。
 中央高速 釈迦堂パ−キングで
山王神社
羽衣の瀧は別名を
     女瀧とも言う
歩いて数分の所には
     男瀧がある

ここにはバスが入れないのであまり人が訪れないのである。
数年前には瀧が一時凍結したことがあると言う、冬の晴天時は羽衣橋から北岳を望むことができる。
翌日はもっと町内をまわる予定でいたが、雨足も強く断念する。
29日
新倉断層から尚も奥に進むと瀧が
 瀧の全体写真図は左下を参照
京ケ島の集落
 京ケ島の集落のアヤメ
もう花もかなり散ってしまった
▲ページの先頭へ
目次に戻る
2008.6.28〜29
目次に戻る
雨の早川町をドライブ
釈迦堂の展望台から望む
  ラベンダ−
陶芸の米山先生の工房を訪ねた
展望台に咲いていた夏椿
目次に戻る
前週に整備した
「マウント品川」のふもと
   瀬戸の瀧、
早川には多くの瀧がある  
男瀧
女瀧
高さはどのくらいあるか
検討がつかないほど高い
早川町
早川もヘルシ−美里を過ぎてまもなく
川幅も狭くり川も深くなり急流となる
横音瀧
山王神社入口
男瀧への参道から はごろも橋を眺める
七面山参道入口
男瀧への道
イワタバコ
男瀧への参道
湯島の大杉は1.200年前に地元の人が紀州熊野よりスギの苗2本を持参して山王神社に植えたもので、男スギ女スギと呼ばれていたが、100年前に野宿した乞食の失火により消失した。県の天然記念物に指定されていて、地上4mの幹周りが10,79mで高さ44.5mもある。
瀧には琴路の瀧等悲恋物語で語りつがれる
瀧もある        この瀧の名は不明
温泉に入浴後のビ−ルは格別
新倉断層
大杉