北の大地を歩き走る 
山
目次に戻る
4/4
21/36
小泉岳
赤岳〜銀泉台までの下山途中
山
8日(18日目) 
 
今日はあいにくの曇天で雨が降りそう。層雲峡から国道39号線で石北峠経由で中湧別に向かう。
コムケ原生花園
1ペ−ジに戻る
大函   この時期層雲峡は観光客が少ない
山
小泉岳(標高2,158m)は稜線の途中に標識が立ててあった
小泉岳で
小泉岳から10分ほど歩くと
旭岳が見えてきた
目次に戻る
中湧別の鉄道資料館 昔の鉄道駅を資料館にしている 現在は道の駅として整備されている
銀河の滝・流星の滝
無事下山
午後3時少し前
かなりゆっくり歩いた
旭岳を望む雄大な眺め
手が届きそうな山々
白雲岳方向を望む
赤岳山頂で
ようやく銀泉平の駐車場が見えてきた
通ってきた後ろを振り返ると
銀河の滝
近年、岩の崩落が激しい
流星の滝手前の樹木が高くなり
滝の全景が年々見えにくくなっている
コマクサ平の下でも大きな雪渓が
夏場には完全になくなる
夜走るとフロントは虫がびっしり
    鉄道資料館
駅の遮断機も残っている
オフォ−ツク海岸を走る国道238号線を紋別に向かい、コムケ原生花園に行くがゲ−トで立入禁止となっていて見ることはできなかった。
1/2
1ペ−ジに戻る
▲ページの先頭へ