目次に戻る
 12日(22日目)  
北の大地を歩き走る 
1ペ−ジに戻る
山
26/36
1/3
以久科原生花園
ここに
住み着いた猫
再度立ち寄る
変わった雲を発見
鮭が遡上してくる川 さすがに今の時期は閑散としている
オンネベツ川
国道から見て海側
国道から見て山側
ここはいつ来ても観光客が多い
滝への水の落ち口
水の流れ
下の写真は
この辺りから
撮った
上の拡大写真すごい迫力
ウトロ方向の眺望
ウトロ〜知床峠
昨夕は知床半島で温泉に入り夜は早く寝た。12日は天気が良いとのことで羅臼岳に登るつもりでいたが行程が長いので早朝から登らなければならない、しかしビジタ−センタ−の話しでは朝は雪渓が凍っているのでアイゼンがないと危険であり無理と云うことで断念する。 残念    空がわずかに白み始めた午前3時前に起き、知床峠に日の出を見にでかける。その後ウトロに戻り朝食後は、知床五湖から知床の秘境である岩尾別温泉の「ホテル地の涯」の露天風呂に入り知床峠を越えて羅臼へと入る。
午前3時54分
       知床峠で
太陽は羅臼岳の後ろから昇る
午前4時00分
 知床峠からの日の出
 峠より300m程羅臼寄り
午前3時55分
          知床峠で
羅臼岳の中腹から上には雲がかかっている
ウトロの日の出
1ペ−ジに戻る
この日も観光客はいなかった
目次に戻る
オシンコシンの滝を上から見ると  観光バスではここまで来れない
オシンコシンの滝
人があまり来ないのか散策路も途中で踏み跡がなくなる
観光客を上からみると
上から見ると
午前2時55分
ウトロ漁港の近くで
午前3時37分
知床峠への中途で
知床峠の日の出
1/2
▲ページの先頭へ