目次に戻る
山
2/2
北の大地を歩き走る 
目次に戻る
ルスツスキ−場
乾燥地帯には湿原植物も育ってきた
手造りのキャンピングカ−を見かけた
軽トラックを個人で改造、箱はワイヤ−で
トラックのボデイと結んでいるだけ
15日(25日目)
野付半島見学後、14日は一日中走り続けて約500Kmを走り15日の昼近くに洞爺湖の壮瞥に到する。車旅友の梶さんはすでに到着していて仲間のキャンピングカ−10台程が集まっていた。ワイワイガヤガヤで夕方まで過ごし、夜は洞爺湖の花火(ほぼ一年中打ち上げている)を見ながら、お祭り男のSさんのビデオを見せてもらう。Sさんはご夫婦でなんと日本全国の祭りを約700ケ所も見て、しかもポスタ-を集め個展なるものを開き鹿児島の地元ではマスコミにも放送された有名人である。
29/36
1ペ−ジに戻る
山
16日(26日目) 午前中は雨が降っていたが午後から止んだ、泊村で再会することにし積丹半島へ    
山
1ペ−ジに戻る
木道がかなり長い
ようやくトドワラが見えてきた
白骨化したトドマツ
  立ち枯れたトドマツ
しかしすぐ傍までは行かれない
トドワラの規模は以前よりもかなり小さくなっている
昭和新山
雨でも花火が
仲間と一緒に楽しく
朝から土砂降りの雨が降っている
      仲間の車
昼には雲が切れてきた
梶さん、お祭り男のSさんと
洞爺湖
スキ−場
この辺りでは良く見かける
吸い込まれそうな青さ
木道は昭和48年に新設された
お祭り男の
Sさんのシャツ
1/2
冬には何度となく来るスキ−場
この時期は閑散としている
かなり近くまで来た
▲ページの先頭へ