知床横断道路も「知床峠」を過ぎるとすぐに緩やかな下りとなり、「熊の湯温泉」を通りやがて羅臼町へと入る。
羅臼の間欠泉
ここから半島の先端には行けない羅臼町の行きどまり
北の大地を歩き走る 
山
目次に戻る
28/36
目次に戻る
羅臼のひかりごけ
熊は1階の冷蔵庫を開けて餌をあさり
家人は一晩中2階で震えていたそうな
その名も「熊の湯温泉」
一人で入るには勇気がいる
松浦武四朗の顕著碑
1/2
熊の湯温泉
旅人にはかなり人気のある無料温泉
ここの入口には立派な建物が
立てられているが今は間欠泉は
ほとんど見られない
何処までも続く花園
天狗岩
国道から約24kmの相泊村
ここから先は立入禁止
洞窟の一部に
崩壊の恐れがあり
対策はとっているがかなり危険
羅臼町の海岸沿いにある
見ても良く判らない
どう見ても天狗に似ていない
相泊温泉
海岸と云うよりも海半分に浸かるような
温泉ここから先はすぐに行き止まり
強風と寒さで私はとても
入浴する気分になれなかった
途中で見かけた光景
13日(23日目)
東京を出発してから早くも23日目となる、北海道で会うことになっている旅の友も道内に入り仲間と合流したらしい、私は16日に洞爺湖湖畔に集まることになったのでそろそろ道南に向かって走らなければならない。しかし、木が枯れて白骨化した野付半島をどうしても見たかった、20年近く前に来た時は台風のような嵐の強風と寒さで入口で引き返したのである。
それにしても今日は天気が悪く雨風強しで濃霧もでて視界不良であるが、野付海峡を見ながら国道335号線を中標津に向かって走る、国道を走っている車はほとんどなく閑散としている。
山
現在はこちらで営業
1ペ−ジに戻る
なぜか北海道にはルピナスが多い
大きなシシウド
野付半島の先端にゆくには
この道を通る 両側が海で幅は狭い
100mもないもっと狭いかも ?
ところどころ靄がかかっている
幅は100mもない
  ↓
駐車場
 ↓
駐車場わきの
ビジタ−センタ-
実際は土産物を
売っているだけ ?
とにかく北国は全てにスケ−ルが大きい
視界も悪い
1ペ−ジに戻る
熊の入った家    熊が入った家としてマスコミでも何度か取り上げられた有名な家
▲ページの先頭へ