日本の滝百選ので有名な「マリュウドの滝」が八重山諸島の西表島にあると云うことで、日程的に都合がつき出掛けることにした。
2010.2.22〜25
大自然の息づかいを感じる秋の知床
1/5
目次に戻る
羽田〜石垣島へ
22日午前中に羽田から沖縄へ、飛行機を乗り継いで石垣島へは夕刻に着く。
目次に戻る
22日
西表島    石垣島より船で約40分、船は時速約50km/hの高速で走る、沖縄県内で唯一の国立公園
船のタ−ミナル大島港からはバスで上原港経由、浦内川遊覧ボ−ト乗場へ、そして船で約1時間乗り上流の船着き場へ、ここからは往復2時間かけて「マリュウドの滝」と「カンビレ−の滝」まで徒歩で往復約1時間半。
飛行機より富士を望む
沖縄より石垣島への
飛行機の便は15時30分発
23日
石垣島〜西表島へ
石垣島空港へ着いた
タ−ミナルへは歩いて
滝百選の100番目
 マリュドゥの滝 落差20m

島の方言で丸いよどみと
云う意味
石垣島の商店街
ホテル近くの商店街
大きなシャコガイ
星砂を売っていた
初めて見た
スイジ貝
ホテルの窓から見る朝日
宿泊した
チサンリゾ−トホテル前で
730記念碑交差点角にある
730記念碑交差点では
石垣市長選挙運動の真っ最中
石垣港離島タ−ミナル前の
商店街通り
石垣港離島タ−ミナルで
出港を待つ人々
タ−ミナル前の港湾
    船より
大原港
道路沿いにはいたるところに表示板が
         
道路下には動物の通行する
トンネルが作られている
50〜60か所ぐらいある
道路の側溝もかなり
V字型になっている
小動物が落ちても
這いあがれるように
動物が道路にでて来ないように
車が通行すると音がでる
ようになっている、
いたるところに
ヤマネコ注意の表示が
80〜100頭位生息
浦内川遊覧ボ−ト乗場
     マングロ−ブの林
海水と汽水域に育つヒルギ科の植物を
マングロ−ブと呼ぶ
静かな川の流れ
内浦川上流の船着き場前で
内浦川上流の船着き場軍艦岩
内浦川上流の軍艦岩付近
猛毒のハブに
注意しながら歩く
まさに熱帯樹林
日本のアマゾン
マリュドゥの滝前で
カンピレ−の滝
 カンピレ−の滝

島の方言で神々の
座する場所と云う意味
板根状の根があり昔は
この木の根で木造船を造った
サキシマスオウノの大木
 セイシカの花
聖紫花珍しい花
深い緑の色
西表島は人口約2,300人 
島の90パ−セントが
亜熱帯のジャングルに
おおわれている
▲ページの先頭へ