今年初めから日本滝百選巡りを始めているが、今回は北海道と北東北に挑戦した。
東京を7月17日夜11時に自宅を出発し東北自動車道、八戸自動車道経由で青森県の大間岬から19日の朝7時10分出港のフェリ−に乗り北海道へ函館で用事を済ませ道内滝巡り 、7月28日大間岬9時30発のでフェリ−青森県へ。一般道を走り滝を巡りながら31日の夜に東京へ、今回の走行距離は延べ4,200Kmであった。

北海道内の主要コ−ス           赤い太字は滝百選
函館からR5号〜R230・r229で島牧村の「賀老の滝」〜ニセコの神仙沼〜R276〜R36で白老町の「インクラの滝」〜R453で札幌市郊外の「アシリベツの滝」赤岩青厳峡〜R274・R237で富良野の富田ファ−ム〜R237で大雪山国立公園の「羽衣の滝」〜R39・R275から雨竜沼湿原〜R40・R238〜宗谷岬〜R232・R12・R230で洞爺湖〜R37・R5〜函館〜フェリ−で大間岬へ
北東北の主要コ−ス
大間岬〜R279号・R4・R101で鰺ヶ沢町の「くろくまの滝」〜R101・R339・R7・R282で秋田県鹿角郡小坂町の「七滝」R282で岩手県八幡平市高畑の「不動の滝」〜R282・R4・R48で宮城県仙台市秋保の「秋保の滝」〜286で宮城県蔵王町の「三階の滝」〜R4で戻る。
目次に戻る
神仙沼
にしん街道   
いつも立ち寄る立待岬
函館山
日本海側の国道229号線沿いは昔はニシンが豊漁で町も活気に溢れていて「にしん街道」と呼ばれている
吸い込まれそうな景色
神仙沼は昨年も行ったが何度見ても神秘的なすばらしい沼である。
賀老の滝の前で
賀老の滝は落差70m幅35mで松前藩の財宝を龍が守護しているという龍神伝説があり、滝までは350段の階段が続く。
賀老の滝
熊石町〜瀬田町にかけての海岸沿いは
多くの奇岩をみることができる
午前5時8分
下北駅の前で
▲ページの先頭へ
青森県
下北駅  駅名は下北半島の下北が駅名になっている
;今年も特大ホッケの昼食
三本杉岩
窓岩
北海道
函館
下北駅構内
2010.7.17〜31
目次に戻る
1/9
大自然の息づかいを感じる秋の知床
下北駅舎
自然とは素晴らしいみているだけで心が癒される
第2展望台への道はブナ林の
散策路となっている
第2展望台
から滝は
ほとんど見えず
第2展望台への道
素晴らしい滝
北海道で最大級