初夏の花はなんといっても水芭蕉、鬼無里村の水芭蕉が咲きだしたとの情報で金曜日の夜に車で東京を出発する。長野自動車道の二葉パ−キングで仮眠し翌朝姫川源流へ、その後は北アルプスが一望できる絶景ポイントのアルプス展望広場にそして鬼無里村の奧裾花自然園で水芭蕉をみる。
ここでびっくりなんと黄色の水芭蕉が咲いていたのである。
2011.5.20〜22
大自然の息づかいを感じる秋の知床
目次に戻る
黄色の水芭蕉にはびっくり
長野自動車道のサ−ビスエリアから北アルプスを望む
目次に戻る
源流付近に咲く花
姫川の源流とは、ここの涌き水を源とする姫川は約50kmのあいだ国道148号線とほぼ並行して流れ、新潟県の糸魚川市から日本海へと流れている。
姫川源流(R148号線青木湖近く)
姫川源流入口
ニリンソウ
親海湿原
親海湿原に咲くミツガシワ
ミツガシワ
親海湿原から姫川源流への散策路
この辺りの水分が源流にしみ出す源らしい
姫川源流の写真等に良くででくる場面
近くでは田植えの真っ最中
北アルプス展望広場
北アルプス展望広場は長野県の小川村にあり、山の好きなカメラファンの間では野口五郎岳から白馬、乗鞍岳までを一望できる素晴らしい絶景ポイントとして有名で、夕陽が沈む光景は言葉では言い表せないほどの感動があると云う、次回はその光景を是非見たいと思っている。
曇り空だったので眺望は今いち
   一枚の写真にははいらず3枚を合成した
高山寺
アルプス広場の近くには源頼朝が創建した三重塔があり、江戸時代初期には倒壊寸前だったが、1698年に木食山居上人によって再建された。
鬼無里村奧裾花自然園
1/3
建物は石の上に
乗せてあるだけ
 鬼無里村
奧裾花自然園
戸隠連峰の山々
水芭蕉園入口
モリアオガエルの生息地
   ヒョウタン池
ペ−ジの先頭へ