今年も日本の素晴らしい紅葉が見たいと思っていたが、29日は天候も良いとのことで夜に突然出かけることになる。
東京を出発したのが28日の午後8時首都高速5号線は渋滞していた、関越自動車道の湯沢ICから降り途中仮眠する。
翌朝は湯沢IC近くにある大源太キャニオンへ、大源太山山頂から太陽が昇り大源太湖映る景色を見学、、次に紅葉が見られるという中津峡、しかしここは紅葉は全く駄目でこの様子ならば秋山郷は見頃かもと国道353号線〜117号〜405号線で和山集落へそして秘境の切明温泉(雄川閣)に向かう。
切明温泉は秋山郷のどん詰まりでここからは志賀高原に通じる雑魚川林道となる、この秘境に行くには津南側から入るには道が狭くかなりの区間が車のすれ違いができないのでなかなか行きにくい、志賀高原側から入る方が通行は楽ではあるが距離はとてつもなく長い。
紅葉は素晴らしくちょうど見ごろで感動感動の連続で幸せな気分に浸れることができた、日本の紅葉は鮮やかでほんとに見ごたえがある。
その後は雑魚川林へ、紅葉はとっくに終わりで志賀高原ではカラマツだけが見頃、草津白根道路も紅葉が終わり草津で多少紅葉は見られたものの、北軽井沢もすでに終りてあった。
薄暗くなった白糸の滝に立ち寄り高速道路が渋滞の為に、一般国道をしばらく走り本庄児玉ICから関越自動車道に入り、自宅に戻ったのが時計の針は10時半となり走行距離は600km超えた、疲れたものの充実感があった。
目次に戻る
大自然の息づかいを感じる秋の知床
2011.10.29
目次に戻る
素晴らしい日本の紅葉
大源太キャニオン
清津峡
秋山郷
1/2
切明温泉前の紅葉
切明温泉 雄川閣
後2週間で
この道路も
冬季の
通行止め
となる
感動の紅葉
対岸の山の名前ははっきりせず
            どこまでも空は青く 紅葉は赤く一段と映える

秋山郷はここまで来るまでも多くの紅葉の素晴らしい場所もありぜひ一度訪ねてみてください
秋山郷の上ノ原集落付近で
山々の峰は紅葉も終盤に近い
    清津峡温泉街
珍しい大文字草が売られていた
清津峡 トンネル
紅葉はイマイチ
トンネル出口展望台
大源太湖に映る太陽
大源太山頂から太陽が昇る
素晴らしい幻想的な景色
ページのトップへ