P-30/45
北の大地を歩き走る 
1ペ−ジに戻る
ページの先頭へ
1ペ−ジに戻る
国道273号線は旧国鉄士幌線の跡が多く残る
          鉄道マニアならずとも楽しめる走りやすい快適な歴史道
目次に戻る
まの線路が残る幌加駅
もうルピナスの花は終盤
散策路として整備されている
タウシュベツ橋梁より糠平湖を望む
散策路
当時の電車がそのまま展示されている
旧士幌線の橋梁跡
旧士幌線の橋梁跡
目次に戻る
散策路として新たに造られた橋
幌加駅の旧士幌線跡
当時のまま残る
士幌駅
士幌駅周辺は
ルピナスが多く綺麗
もうルピナスも終盤
     
この国道沿は良く整備されていて沿道の花も多く道路沿いのシラカバ等の木々の手入れが良く、国道の橋脚ル−プも立派で眺望も良い、次回ここを通る時は、もっとゆったりと士幌線跡を散策したいと思っている。
12日(10日前)にここを走った時はとこまでも続くルピナスの花が満開で綺麗であったが今回はほとんど終わりに近かった。
この日は天気も良くおだやかな日で、こんなに多くの鉄道関係の遺跡があるわりには観光客が少なかった、。
私の好きな国道273号線
糠平湖〜三国峠
23日
層雲峡のビジタ−センタ−で明日の天候等を確認、御鉢巡りに備え登山の支度を整え入浴後に層雲峡の駐車場で宿泊。
左の地図の中でも特に見どころは糠平湖前辺りで連続して鉄道遺跡を多く見ることができるのである。
士幌線の橋脚
どこまでも続く白樺林
物見大橋
三国峠
三国峠近くではまだ咲いていた
道路わきには白い花が満開
層雲峡ビジタ−センタ−
層雲峡のロ−プウエイ山麓駅より山頂を望む
今日の黒岳山頂、日中の温度
朝4時に起きてすぐ登山OKの天気を確認、朝食後は6時00分発のあまり混んでいないロ−プウエイに乗り、リフトを乗り継いで7合目の登山ゲ−トには6時半に到着、天候はまあまあで御鉢巡りができることを願うばかりである。
麓よりロ−プウエイ山頂方向を望む
ロ−プウエイより麓を望む
  層雲峡
ビジタ−センタ−
ロ−プウエイ山頂の眺望
ロ−プウエイ山頂近くから山麓駅を望む
ロ−プウエイ山頂駅より
5分程歩きリフトに乗継
リフトに乗車
リフト終点(7合目展望台よりの眺望)
リフトから黒岳山頂方向を望む
リフト終点7合目展望台
現在の黒岳山頂の気象状態
7合目登山口ゲ−ト、
入山届に記帳
黒岳山頂までの中間辺りからの眺望
  山々にはまだ雲海がたなびく
   墨絵のようで素晴らしい景色
今回歩いたコ−ス   ★
15日に歩いたコ−ス  ★
見にくいが9合目と書いてある
9合目からの眺望
花も多くなってきた
ロ−プウエイの麓の
ビジタ−センタ−で
情報収集
山頂近くにある
この岩は特徴があり
  
気温10℃
この辺りからは
高山植物が多くなる
鉄道遺跡はこの辺り