目次に戻る
▲ページの先頭へ
P-41/45
北の大地を歩き走る 
根室〜春国岱〜風連湖へ
根室から羅臼経由でウトロに戻り知床グランドホテルで入浴後はウトロ道の駅で宿泊。
8月1日今日から知床五湖はガイドなしで歩けるが土砂降りの雨で明日に延期しR244号線の根北峠と金山滝のサクラマスの遡上を見に行く。
根室の霧風景
1ペ−ジに戻る
目次に戻る
根室車石
春国岱の絵のような風景
羅臼港
   羅臼から知床連山を望む
真っ黒い雲が発生、大雨警報発令
今にも雨が降り出しそう
知床峠より羅臼岳を望む
2日 朝起きると今日も雨が降っている、しかし6日の朝函館発のフェリ−を予約しているので遅くとも5日の昼頃には函館に着いている必要があり距離にして約700Kmもあり2日間は見なければならず、知床五湖の散策を明日へ延期することもできず出かける。
ところが車が少し傾いているなんと左の前輪がパンクしているではないか、近くのスタンドに行くが開店は8時からと言うのでしばし待機、修理をし知床自然センタ−経由で知床五湖の駐車場に向かう。
やはり雨はかなり降っているが止む得ない、センタ−でレクチャ−(有料)を受け五湖〜四湖〜三湖〜二湖〜一湖と廻るが知床連山はおろか濃霧で対岸の岸も見えず只歩いたと言う感じで十数年ぶりに歩けたと言うのに残念無念。
知床五湖は雨で残念
1ペ−ジに戻る
斜里の田園風景
根北線の10連ア−チ橋の橋脚跡
今も残る国道244号線
沿いのア−チ橋
かなりの難工事
だった様子
金山の滝のサクラマス
知床五湖散策
この風景は見ごたえ十分
霧が下りてくる風景もまた良し
       根北峠
斜里側は濃霧で車の走行は要注意
峠を過ぎて標津側は
霧は全くなし
極端に天候が変化する
金山の滝を遡上する
サクラマス
雨に濡れるシラカバ林
センタ−でレクチャ−を受けようやく散策へ
雨が降っているので完全武装
車石のある海岸
車石
 
樹の幹が空洞となり
上までトンネル状に
なっている
対岸が全く見えず
高架散策路も濃霧で先がみえず
鳥が明けた巣穴 ?
今回私がレクチャ−を受けて、5〜4〜・・・・
1湖(大廻りコ−ス)を廻った時間帯には他に
誰も居なかった
風はなく水面は鏡のよう
ここからの知床連山の景色は素晴らしいのに
ここで高架橋と合流