ハイキング、登山
目次に戻る
イカリソウの多い殿平
2005.5.8
今日は奥多摩に登山に行く予定であったが、体調があまり良くなかったので軽い足慣らしのつもりで歩行2.5時間程度で歩けハイカ−が少なくてイカリ草等の写真が撮れる殿平を思いだし出かける。
中央線の初狩駅に着いたのが9時半過ぎ10人程が下車する、薄曇であるが雨の降る気配はなくまあまあの天候である早々に身支度を整え出発するが殿平方面は我々二人のみ、駅から国道20号線に出て勝沼方面へ200m程歩き藤沢川沿いを歩く、振り返ると中央高速の後ろに富士山が見えてくる、まもなく藤沢集落を過ぎ突きあたりが「子の神社」ここには大月市指定文化財となっている高さ45mもある「藤沢の大スギ」があることで有名である、駅からちょうど30分で富士山の眺めも素晴らしいので小休憩をとる。
神社の左手より本格的な登山道となる、ここの標識にはダンダイロと書かれている、登山参考書等にデンダイラともなっていてどちらが正しいかは不明、
歩き始めてすぐ足元にはイカリ草を見ることができたが少し来るのが遅かったのか色褪せている、登るに従い薄暗い樹林帯から明るい雑木林となるがどのイカリ草も散る寸前で残念ヒトリシズカも遅かった、それにしてもまあコバエのような虫のうるさいこと顔の前にブンブン飛び回りそのうち眼の前でチラチラで小休憩もしていられない。
山頂近くになるとヤマツツジ?の群生が見られ新緑の緑とのコントラストが鮮やかである、
山頂は木々にじゃまされ展望があまりよくないが相変わらずコバエ?につきまとわれ昼食もそこそこに下山開始となる。下山路は展望は全くなく薄暗い樹林帯を下る、廃屋の前を通りキャンプ場を過ぎると林道となりすぐに「子の神社」となる
目次に戻る
山頂近くのツツジ
チゴユリ
▲ページの先頭へ
イカリソウ
イカリソウ
中腹からみた初狩駅周辺
山頂