ハイキング、登山
2005.8.25〜29
目次に戻る
26日 岩木山へ 1,625m
   姫神山山頂で  山頂の姫大明神
   姫神山登山口   急坂できつい登り
 樹林帯の中に咲く花    きれいなユリが
水が枯れることの
 ない水石神社
傘石 
山頂まであと300m
28日 姫神山へ 1,123m
  八甲田山も無事に登りました まず乾杯!
   箒場岱の雪中行軍遭難慰霊碑
          碑文
      雪中行軍遭難記念碑  193名が遭難死
  後藤房乃助伍長の銅像
  大岳への道  大岳山頂まであと少し    きれいな花が    松ボックリ?
   山頂近くで  大岳山頂で 寒い   下山後に地獄沼へ      睡蓮沼で
  毛無岱を行く     お花畑  あちこちに池塘が  上毛無岱で見た花
    途中で見かけた花     下毛無岱で小休憩 毛無岱へ続く木階段から
   下毛無岱を一望する
   八甲田山登山口    シモツケソウ      アザミ
帰りに噴火口わきを通ったときは、噴火口より吹き上げるものすごい強風で吹き飛ばされそうになり何度も立ち往生し、霧も深く足元が不安定になり恐怖を感じる。
   今日は八甲田山登山 体力つけて   これから出発  酸ヶ湯温泉前で
  なにはともあれ岩木山登頂おめでとう!
   噴火口のわきの登山道  下山時 
  山頂付近での花    必死で下山
 山頂で見かけた花  山頂の岩木山神社
  岩木山山頂で  もっているのは山頂標識
この鳳鳴ヒュッテは、昭和39年1月6日に秋田県立大館鳳鳴高等学校の山岳部員4名が、岩木山に登頂し下山時に猛吹雪にあい遭難、その御霊をしずめ、今後二度と同じ悲劇をくりかえさないよう、全国の方々の善意をもとに昭和40年に岩木町が建立したと書かれている。 
冬季は日本海からの強風で吹雪の時は、人を寄せ付けないほどの猛威をふるうことであろう。
  鳳鳴ヒュッテの由来    霧とものすごい強風  こんなところにもアザミが
▲ページの先頭へ
    姫神山山頂から渋民村を望む   
下毛無岱のお花畑風景
 岩木神社に登山安全祈願  木山 鳥の海噴火口入り口   噴火口のわきの登山道
目次に戻る
早くも秋の気配が
27日 八甲田山へ   1,584m
東北の山々を巡る登山
ここには行程順に写真を掲載しています、紀行文(中野さん文責)はOB会のHPをごらんください
25日(東京)〜(車中泊)〜26日岩木山(1,625.m)〜酸ヶ湯温泉(宿泊)〜27日酸ヶ湯温泉〜下毛無岱〜上毛無岱〜八甲田大岳(1,584.4m)〜仙人岱〜酸ヶ湯温泉(宿泊)〜28日姫神山(1,123.8m)〜(車中泊)〜29日(東京)