ハイキングコ−ス(古道)入口    コ−ス入口の標識    湯本駅近く新旭橋
         みごとな紅葉           城跡の標識
燃えるように
紅葉したモミジ
     きれいなモミジに思わず振りかえって眺める
浅間山までの湯坂道はきつくても、紅葉のきれいな箇所があり、楽しみながら歩くことができる。浅間山山頂に着く頃には曇り空となりって肌寒くなり、昼食中もじっとしていると防寒具が必要であった。
   浅間山山頂の広場      浅間山山頂
             湯坂道の紅葉
          湯坂道の紅葉            湯坂道の紅葉
千条の滝から橋を渡ると
登山道の入口となり
急登となる

千条の滝
20日は天候も良くて、宿を朝スタ−トした時には暖かかった。強羅駅はロ−プウエイに乗る観光客でごったがえしてしいた、ここはいつでも人気コ−スである。
     滝の説明版
    小涌谷駅     浅間山への道    きれいなモミジが
   箱根荘で駒ケ岳をバックに
鞍部からの下山道は、地図に掲載されていなく、判りにくかったが仲間の一人が以前に降りたことがあると云うので探しながら歩いていたところ、同じル−トを探しているグル−プがいて、いろいろ調べた結果、右上写真の@を直角に降りる古い登山道があることが判明。
道ははっきりしていたが、一箇所雨の時には通行できない崩落箇所があり、多分それで廃道になったのかも知れない。
全員無事別荘地に下山する。

別荘地での紅葉
  ようやく別荘地に出た
      金時山   季節はずれのツツジが   鞍部からの下山道 
    地図には道がない  @  
      アザミは春から咲き続ける           駒ケ岳をバックに
 
 明神が岳山頂からの駒ケ岳  明神が岳山頂で   山頂付近付近の崩落部分
        紅葉とススキ      登山道のわきには多くのリンドウが
        どこまでも続く         名水の水場からの展望
        キクの花もきれいです         明神が岳山頂付近から
  明神が岳 見晴小屋    見晴小屋よりの展望  明神が岳への道 
       ススキがきれい
目次に戻る
毎年恒例の品川箱根荘一泊の箱根登山であるが今年も山仲間13人と晩秋の箱根に出かけた。
天候は二日間とも比較的恵まれたが、道了尊や湯坂道の紅葉はいまいちであった、今年は全国的に紅葉の色付きが遅れているようだが、箱根も例年のような見ごたえはなかった、それでも温泉に浸りワイワイガヤガヤの山談義で愉しい二日間を過ごすことができた。
▲ページの先頭へ
この道はゆるやかなくだりで大変歩きやすいが長い道のりである。
紅葉の見所も多い。
湯本に近いところに湯坂城跡の標識が建っていたが、今は全く当時の面影がなく何処にあったのかも判らない。
この道はまた歩いてみたいコ−スの一つである。
ハイキング、登山
目次に戻る
2005.11.19〜20
19日 小田原駅〜(電車 タクシ−)〜道了尊〜明神が岳〜鞍部〜品川箱根荘(宿泊)  20日 箱根荘〜(バス 電車)〜小涌谷〜千条ノ滝〜浅間山〜湯本駅   徒歩 一日目 約4時間  二日目 約3時間   晴れ
    宴会では恒例の手品も   これから宴会
忘年山行