ハイク仲間11人で紅葉真盛りの箱根に一泊二日の日程でハイキングに出かけた。
集合時間の6時20分JR品川駅に全員集合、6時33分発の小田原駅行きに乗車、終点まで車内はガラガラであった、1時間少々で小田原駅に到着。駅前から8時10分発バスに乗るが国道1号線は早くも大渋滞、しかし箱根新道との分岐点を過ぎると渋滞も解消し曲がりくねった坂道を快適に高度をかせぐ、車窓から見る景色は紅葉一色である、バスは予定よりかなり遅れて1時間もかかってようやく仙石原停留所に着く。
青空に映える沿道の紅葉を楽しみながら約15分ほど歩き金時神社に、ここでびっくり多くのハイカ−で登山道入り口は大混雑である。
身支度をするとすぐに金時山への登山開始となる、後ろを振り返ると多くのハイカ−が続く、早い人はもう下山してくる人がいてすれ違う時はかなり時間がかかる、青空も少しづつ雲が多くなり金時山山頂で富士山が見えるだろうかと心配になってきた。
急登も過ぎ徐々に高度もあげると明星ケ岳との道と合流点である金時神社分岐となり時々展望もが開けてくる、山頂近く溶岩の露出する急斜面を登り始めると頻繁に渋滞がひどくなり何度となく立ち往生となる、ようやく山頂に到着したのは11時半過ぎであった
山頂には多くのハイカ−で大混雑し腰を下ろす場所もない、ようやくベンチを確保し昼食となる、富士山は雲がかかって山頂付近は見えなかったがしだいに雲もとれて雄姿を見ることができた、良く見ればこの時期としては珍しく山頂付近より下は谷筋に雪はあるものの地肌がみえ雪が例年より少ないようであった
しばし休憩の後、金時登山口に向かって下山開始となり午後2時前に登山口に、小田原方面への車の渋滞をみながら仙石原のバス停まで歩く、明神下バス停でバスを降り宿舎からの迎えのマイクロバスに乗りこみ午後3時前に箱根荘に無事到着。
翌日は朝から小雨模様となる、湯坂道コ−スの小涌谷〜千条ノ滝〜浅間山〜箱根湯元までを歩く予定でいたが、天候不良で断念し強羅駅まで送ってもらい強羅公園を散策する。雨に濡れた赤いモミジの紅葉も綺麗で素晴らしかった、登山電車で湯本駅まで下り遅い昼食をとり一路東京へと向かう。
目次に戻る
ダイコンソウ
山頂から望む
雲から顔を出した富士山
    雪が少ない
金時山山頂
金時山山頂も大分近くなってきた
リンドウが綺麗に咲いて
 キッコ−ハグマ
高尾山でも見かけた花
金時宿り石で一休み
青空と紅葉
金時神社入口
青空に紅葉が映える
仙石原のバス停付近
青空で絶好の登山日和
金時神社分岐を過ぎると展望が開けてくる
金時山(1212m)のル−ト大渋滞
仲間と一緒にハイポ−ズ
1/2
歩き始め
金時神社
渋滞でしばしストップ
リュウノギク
矢倉沢峠からの分岐点
駒ケ岳
山頂直下は大渋滞で
しばらくストップ
金時山山頂
富士山が雲に隠れて見えず
山頂から望む
駒ケ岳
綿に包まれた種?
ハイキング、登山
2010.11.21〜22
目次に戻る
▲ページの先頭へ