今回行って判ったことであるが、ウイリアム・アダムス夫妻のお墓は石碑よりもさらに高い場所にあった、よく見ると灯篭に?刻まれた文字には「江戸日本橋安針町」とある。
若しかしたら江戸時代にこのような町が実在したのかも?後日調べて見たいと思う。
塚山公園は標高がどのくらいあるかはっきり判らないが(100mくらいあるかも?) 山頂近くは舗装された急坂が続き、歩き始めてすぐなのでかなりきつい、しかし山頂からは眺望が良く東京湾内を大型船がひっきりなしに航行するのがわかり、近くの長浦湾には自衛艦も停泊し素晴らしい景色である。
     楠山山頂から東京湾を望む         大楠山山頂から相模湾を望む
 大楠山の山頂が見えてきた  230段?の階段を登れば山頂      大楠山山頂で 
大楠山に向かう途中で 
    
まだ紅葉が見られた
阿部倉温泉 湯の沢旅館
      予約しないと入浴できない
大楠山登山道 木々が
     うっそうと茂っている
  安針塚駅からスタ−ト       塚山公園展望台からの眺望
 ウイリアム・アダムス夫妻の墓 この灯篭に刻ま
  れた文字は
江戸日本橋
 安針町とある
目次に戻る
▲ページの先頭へ
 山頂付近で見かけた
 季節はずれに咲いているツツジ
今回のハイキングは初冬の小春日和の暖かな一日を、のんびりと歩くコ−スで展望もよくて結構楽しめた。
安針塚に着いたのが午前8時であったが三浦半島は東京から近くて朝の出発が多少遅くても良いので、冬の日の短い時間でも天候を確認してからでも十分歩けるコ−スであり、冬のお勧め地域である。
ハイキング、登山
目次に戻る
2005.12.10
素晴らしい大楠山の眺望
仲間6人で初冬の絶好の快晴に恵まれた12月10日に三浦半島を歩いた。
ここは二週間ほど前に歩いたコ−スと全く同じであるが紅葉も終わり景色が変わっていた、しかし塚山公園や三浦半島の最高峰である大楠山(241m)からの眺望は前回とは比較にならぬ素晴らしさであった。
コ−ス    京浜急行の安針塚駅〜塚山公園〜大楠山〜前田バス停・・・・(バス)・・・JR逗子駅
徒歩   約4時間        天候   快晴