ハイク仲間12人と日本百名山の大菩薩峠(嶺)に出掛ける。
今回はJRで年3回期間限定で発売される1枚の乗車券で期間中5回(人)まで利用でき、1回分は乗車当日終日有効な「青春18」を利用、このキップは5人が同じ行程で旅行することが必要で、私達は品川駅で朝の5時20分集合となる。
上日川峠(ロッジ長兵衞)までバスその後は徒歩(上日川峠〜福ちゃん荘〜大菩薩嶺(2,057m)〜大菩薩峠(1,897m)〜上日川峠に下る。
天候は多少薄曇りであったが時々青空も見えた、大菩薩峠で昼食後に突然スコ−ルのような雨に降られたが、帰りのコ−スは林道歩きだったので幸い歩くのには大きな支障はなかった、バスで甲斐大和駅に着く頃には太陽が出てきた。
中高年グル−プが青春18キップでハイク
2011.7.24
目次に戻る
今回は富士山の眺望を楽しみにしていたのだが残念。
大菩薩峠は中里介山の小説「大菩薩峠」で全国的に有名となった、登山道は歩きやすく展望も良く初夏には山頂付近は高山植物が咲き乱れる四季を通じて人気のある山。
    雨の林道歩き
  かなり強く降っている
富士見山荘
 休業中?
妙見の頭付近で
上日川峠にある
 ロッジ長兵衞
上日川峠
   甲斐大和駅から中型バスに乗る
座席が満席になると臨時がでる
 福ちゃん荘には皇太子様
雅子様の休憩所と記されてある
上日川峠からは林道を通れば
   (一般車は通行止め) 
   車も登って来られる
建物の間には屋根が
かかっていてハイカ−が通り
抜けられるようになつている
介山荘
賽の河原
上白川ダムを眼下に望む
標高2,000m
いよいよ登山コ−ス
行き道
帰り道
目次に戻る
大菩薩峠で
雨が降ってきた
峠の碑等が崩れて荒れている
大菩薩峠まで10分弱
後ろを振り返ると
登りは唐松尾根コ−スを歩く
タクシ−は福ちゃん荘まで入れる
福ちゃん荘のまえで
ここから歩く
林道
福ちゃん荘
小休憩
ツヅラ折の道が続いて間もなく
雷岩近くになると斜面に高山植物の
花が多くみられるようになる
雷岩
大菩薩嶺山頂で
大菩薩峠に向かって歩く
大菩薩嶺は峠と反対方向に
10分歩く展望は全くない
雷岩から大菩薩峠に向かう稜線
眺望が良い 今日は曇り空で
富士山が見えず残念
急に雲がでてきた
賽の河原
大菩薩峠が見えてきた
介山荘
 ↓
休憩所
ここから林道を歩いて上日川峠に
ハイキング、登山
▲ページの先頭へ
ギンリョウソウ ?