ハイキング、登山
目次に戻る
駅前の商店でまずビ−ルを仕入れる
楽しいお昼
分かりにくいが登山道わきには
猪がミミズでも探したのか
何百メ−トルにも亘って
掘り返された跡があった
登山道は倒木が多い
このような徒渉を何度も繰り返す
駅前より歩き出す
2011.10.23
天候もまあまあでよかった
仲間12人で紅葉には少し早いものの秀麗富嶽十二景の一つである倉岳山(標高990m)のハイクに出かけた、2〜3日前から雨で前日はかなり降ったので催行するかギリギリまで迷ったが、参加予定者には前日の朝に連絡することになっているのでコ−ス変更もあることを承知で来て欲しいとメ−リングリストでながす。
天候不良の場合はコ−スを変更し立ち寄り温泉と考えて参加者には入浴できる準備をし参加してもらうことに、それでも前日の夜に明日は天気が悪いから中止でしょうとの問い合わせも何件かあったが私はかなり回復するではと一縷の望みを託し、皆さん楽しみにもしているのでとにかく出かけることにした。
予報は相変わらず雨と悪いが夜中から時々晴れ間も見えるようになり、当日の朝に新宿駅に集合する頃にはうす曇りとなる。
いろいろと迷ったあげく当初の予定コ−スで歩くことにした。
中央線鳥沢駅に降り立ったのは我々を含めて40名ほど大分明るくなってきた、この分なら天気はなんとかもちそうだ。今回新人が二人参加したのだがどう見ても服装がもの足りない、まるで1〜2時間程度の軽いハイキングという格好である、この山は中級なので心配である、私も紹介者からどの程度歩けるのか確かめれば良かったのだが・・・・はたして全コ−ス無事歩けるか心配である。
登山道の登りは渓流沿いを歩き何度となく徒渉があり岩の上は滑りやすく細心の注意が必要である、30分ほど歩いただろうか新人の一人が足が痛いといいだした歩く速度も極端に遅くなり人から借りたストックに縋りつくように歩く、ここで返すわけにもゆかず私は新人のリックを背負うことにした、私は新人を面倒見ながら歩き4人ほどが先頭とかなり遅れる。
よくよく聞けば紹介者とは初回にあった時にハイクの話がでたようで高尾山も登ったことがないとのこと紹介者の知識不足には唖然とする。
必至の思いで山頂に着いたのが先頭集団と遅れること約1時間近く、富士山もなんとか顔をみせてくれ多少気分も楽になった。
皆で楽しい昼食としばし休憩をとりいよいよ下山となるが、山頂からの下りはすぐに急勾配でかなり危険度が高い、下山路も渓流沿いのコ−スなので多くの徒渉があり気の抜けない状態が続く、誰も怪我せず無事梁川駅に予定より大きく遅れて午後3時に到着し一安心。
目次に戻る
倉岳山
高畑山
ここを右に曲がる
鳥沢駅ホ−ム
▲ページの先頭へ
二つのリックをおろし ほっとすると同時に全身に疲れがでてくる。
駅前の売店で缶ビ−ルを飲んだ時の美味しかったこと。誰も怪我等しなくて良かったよかったほんとに。お疲れ様でした。
コ−ス・鳥沢駅〜倉岳山〜石仏分岐〜穴路峠〜倉岳山〜立野峠〜梁川駅
倉岳山山頂
猪よけの柵を潜り抜け登山道へ
駅近くから見る倉岳山と高畑山
途中で見かけた猫
とても人なつっこい
ヤクシソウ
ナキナタユ−ジュ ?
白いキノコを見つけた
急峻な流れでところどころ
小さな滝のようになっている
穴路峠
倉岳山山頂で
倉岳山山頂から望む富士山
気をつけてもう少しだがんばれ
水場
ただし生では飲めない
スリップに注意