絵柄神社の説明版  絵柄神社のみごとな
         銀杏の紅葉
絵柄神社より見る
    不思議な風景
煙のようなものは何か?
    鎌倉宮の紅葉     鎌倉宮近くで     鎌倉宮近くで
   瑞泉寺の紅葉     瑞泉寺の紅葉    瑞泉寺の紅葉
   瑞泉寺の紅葉    瑞泉寺の紅葉  鎌倉宮近くでの
      史跡発掘調査
  鎌倉駅近くの小町通り      長谷寺前で     長谷寺の紅葉
   長谷寺の紅葉    長谷寺の紅葉     長谷寺の紅葉
       大銀杏の全景                   境内の紅葉の      
コ−ス 鶴岡八幡宮〜絵柄天神社〜鎌倉宮〜瑞泉寺〜鎌倉宮〜長谷寺
初冬の晴れた暖かい小春日和の日に紅葉見物を兼ねて鎌倉を歩いてみた。JR鎌倉駅に着いたのが午前9時半ごろ、さっそく段蔓を通って源氏の守護神鶴岡八幡宮に向かう、樹齢700年以上と云う八幡宮の隠れ大銀杏は紅葉も終わりに近かった。
境内ではお正月準備で大工が仮設小屋を造っていた、やはり師走だなあと云う感じである。
菅原道真を祭った荏柄天神社(学問の神様として人気があるとのこと)に立ち寄り紅葉のみごとな大銀杏を見る。
明治天皇が後醍醐天皇の皇子をまつる為に建てた鎌倉宮でも、初詣用の仮設小屋を造っていた、今年も残り少なくなって来たと云う実感である。
その後、
春の若葉と秋の紅葉がきれいな瑞泉寺まで足をのばす、しかしここの紅葉谷も紅葉はちょっと遅くて残念、境内は梅の木も多くその時期にまた来たいものである、鎌倉宮まで戻り境内の紅葉を眺めながら昼食をとる。ここまでは八幡宮を除いては平日ということもあるのか人も少なく、ほんとにノンビリとした鎌倉歩きである。
鎌倉から江ノ島電鉄にのり、長谷寺へ行く、こちらは多少観光客がいたが紅葉はとっくに過ぎてほとんど枯葉に近くてがっかり、このお寺は花がきれいなことで有名な長谷観音とも言われ本尊は高さ9.18メ−トルもある十一面観音がまつられている。帰りは古さと新しさが混在する由比ガ浜大通りをJR鎌倉駅まであるく。
目次に戻る
長谷寺の紅葉
長谷寺の紅葉
         
鶴岡八幡宮への参堂 
二の鳥居  段蔓入口
  段蔓とは安産祈願の道
      源頼朝が造った 
  八幡宮のハトとは何故か
      白鳩がほとんど    
  舞殿から見る八幡宮       舞殿と大銀杏       大銀杏の前で   
長谷寺境内から由比ヶ浜を望む
▲ページの先頭へ
ハイキング、登山
2005.12.12
目次に戻る
紅葉が残るなか、年を迎える準備が始まった鎌倉