連日の暑さが続く8月の最終日曜にハイク仲間11人と「青春18キップ」を使用し長野県にある富士見町の入笠山(標高1,955m)湿原のハイクに出かけた。
当日は暑かったがやはり8月も残すところわずかとなり、山は早くも秋の気配を感じる花々が咲き始めていた。
JR新宿駅に午前5時50分に集合、立川駅と甲府駅で電車を乗り換え富士見駅には10時少し前、すぐにタクシ−で沢入登山口に10時10分到着。
ここから徒歩となる、階段が続く急坂だがカラマツ林の登山道は広く比較的歩きやすい、なんと言っても木々の葉を通してくる太陽は涼しく汗をかいた肌には心地良い。1時間ほどで入笠湿原となる、近年どこも鹿害による植物の影響が深刻となっているが、ここも食害を防ぐ為のゲ−トに入るとそれほど広くない湿原には夏や秋の花々が咲き乱れ見ごたえ充分。
湿原を抜けると山荘があり再びゲ−トをくぐると斜面のお花畑となり、またも多くの花々が咲き、ゆるやかに登りながら花々を観察しほどなく、マスナル山荘となる、このあたりまで立派な舗装道路があるが一般車はここまで上がってこれない。ここから山頂までは急登となり15分程で山頂へ、山頂からの眺望は素晴らしく北側の八ヶ岳をはじめとしてぐるりと360度の好展望。この高さまで来ると吹く風も暑さを感じさせなくかなり涼しい。昼食後は13時ちょうど下山開始、14時30分に予約したタク-に乗り込み富士見駅へ、小渕沢駅からホリディ快速ビュ−山梨に乗りかえ新宿駅についたのが午後の7時頃となる。
▲ページの先頭へ
目次に戻る
入笠山山頂から見る八ヶ岳
入笠山山頂で
ヤナギラン
カラマツ林を行く
湿原出口
コバギボウシ
ハンゴンソウ
入笠湿原で
入笠湿原入口
登山道
沢入登山口
コオニユリ
ワレモコウ
クサレダマ
お花畑を通り
入笠山山頂へ
●  徒歩ル−ト
変わった
花だが
名前不明
お花畑入口
ここも柵で
囲まれている
サワギキョウ
クサレダマの群生
ウメバチソウ
入笠山には蝶
が非常に多い
入笠山ハイキングル−ト
タムラソウ

ハナイカリ
入笠湿原とシラカバ
お花畑全体を見ると
シシウドが多い
空には変わった雲が
ハナニガナ
ノコンギク
オオバセンキュウ?
マスナル山荘
ハイキング、登山
目次に戻る
2012.8.26
湿原は多くの花が咲き山頂は素晴らしい眺望