ハイキング、登山
目次に戻る
奥多摩の浅間嶺ハイクを4月に予定しているので下見に出かけた。朝のうちは天候が良かったものの途中から曇天となり山頂での眺望はきかず残念。 今回は時間もあるので分岐点から松生山を往復したが笹平まで登山道が開通し通れることが下山後に判明しチャンスをみて歩いてみたい。このコ−スは新緑の時期には登山者が多いのであるがまだ時期的に早く十数名程度しか会わなかった。
コ−ス・人里バス停〜人里峠〜小岩浅間(903m)〜浅間嶺〜入沢山(930m)〜天領山(936m)〜松生山(934m)〜入沢山〜分岐〜峠の茶店〜時坂峠〜(浅間林道)〜払沢の滝バス停
早くもニリンソウが
 咲きだした

枝垂れ桜
もう咲きそう
人里バス停
目次に戻る
峠の茶屋第二休憩所 ここも冬季休業中
ここの主人は片づけをしていたが、
お茶もださないですみませんと言われ
てしまい、私の方が恐縮してしまった
ネコノメソウ?
天領山
下山後入手した檜原村の地図には
松生山〜笹平への道が記されている

チラホラ桜も咲きだした
なんと払沢の滝に近い
林道が工事中で立ち入り禁止
休み処 ミチコ
冬季休業
4月6日から開業
ニリンソウの群生地
カタクリの群生地があるらしい
浅間嶺で
浅間尾根のコ−スに入る
人里集落
登山道と左の林道合流点が時坂峠
バス停から10分程舗装された
急坂を歩くと山道となる
左りに曲がる
時坂峠を少し下ったところ
花粉の多くでる杉を順次伐採代わりに
名前は分からないが他の幼木を植林している
休憩所前の神社
この分岐点を斜め右にはいり
小岩浅間へ向かう
舗装道路からこの奥へと下る
2台の大型工事車両を持込み
アンテナ新設工事中
十数名の人が作業中
   松生山への道
ここは行きどまりのはずなのに
踏み跡がかなりある
真新しい小さなお宮を発見
林道があちこち工事中で
登山道が分かりにくい
少しは登山道らしくなってきた
この道を上がる
人は住んでいないようす
竹林のわきを歩く
40分程で人里峠に
山の神 ?
小岩浅間
浅間嶺に向かう
浅間神社でお参り
浅間嶺休憩広場
気温10℃
歩くには丁度良い
浅間嶺展望台への道は左へ
快適な道
★ 今回歩いた道
最近通行できるようになった
浅間嶺の桜は病気か虫食いなのか、
かなり伐採され見通しが良くなった
尾根を松生山方向に歩く
この道は桜並木が続く
松生山登山の分岐点
松生山への登り
短いがかなり急登
第1のピ−ク
松生山山頂で
松生山頂からの眺望
ここでしばらく展望を楽しん
だ後は分岐点まで戻る
大岳山方向を望む
落ち葉が深くて歩きにくい
ここから分岐点まで戻り
メインコ−スへ戻る
ここ左手前の
道を下る
集落の長閑な山村風景
払沢の滝入口
滝入口から4〜5分程歩けばバス停
15時00分のバスにタッチの差で乗れず
15時20分のバスで武蔵五日市駅始発の
ホリディ快速に充分間にあった
▲ページの先頭へ
ミツマタコウゾ
ここには5月初旬に
ニリンソウが咲く
止む得ず急坂の登山道を登るがこれが
また急登りの急下り、後で分かったことだが
林道を左に歩けば時坂峠にでられた
十数m程度のピ−クを
6回過ぎると突然
ブルト−ザ−が
松生山山頂
春まだ浅い浅間嶺を歩く
2013.3.23.