9月と言えば彼岸花、しかし今年はいつもと違った彼岸花を見ようと28日ハイクの下見に神奈川県の伊勢原市郊外の日向薬師に出かけた。
通常ここの彼岸花散策は日向薬師バス停から洗水(アロウズ)に向かって緩やかに下るのであるが帰りのバスや食事をする場所を考えて逆コ−スをとることにした。
あとニ週間程度で満開となりそう
今回歩いたコ−ス
まだ観光地化されていない里山の彼岸花
ハイキング、登山
目次に戻る
2013.9.14
日陰通りは約1Km
稲穂と彼岸花の
コントラストも良い
洗水バス停近くで
早くも咲いている彼岸花
ここは関東ふれあいの道
伊勢原駅前
バス乗場
       
     
                   
        
      
 
   
        
             
         
    
   
     
        
            
ホトトギス
日向薬師境内の無料休憩所
関東ふれあいの道の標識が多い
何やら煙が立ち昇る
10月中旬からは
ミカン狩りも
できるという
このバス停から
農道に入る
ホトトギス
道祖神
畑の畔道を歩くのに農家の人に
邪魔にならないかと気がひける
ここを右に曲がる
ここからしばらく車道歩き
バス通りを少し戻り日陰通りに入る
舗装道路から農道へ入る
ここから日向薬師の
バス停はすぐ
新明橋を渡ると舗装道路にでる
花ミョウガ ?
気持のよい散策路
目次に戻る
このバス停を
右に曲がる
実際は洗水のバス停よりも
手前で降りてしまった、
地元の人が降りたので
つられて、あとで分かったが
自由乗降区間だった、
日向薬師の本堂は解体し
22年1月〜28年9月まで
平成の大修理
洗水バス停近くで
衣裳場湧水 飲むことができる
▲ページの先頭へ
実りの秋に稲穂も頭を垂れて
日向地区観光地図
スタ−ト
今頃アジサイが咲いている
日向薬師への参道
日向薬師バス停付近は彼岸花が
多く散策路も整備されている
道は彼岸花観賞の
ハイカ−向けに所々
に看板が整備
されている
農家のわきを通る
しばらく歩くと彼岸花の群生地がある
茶店もある
日向薬師バス停で
急な階段を上る
参道入り口は多くの石仏がある
古い木造の家屋近くで戻る
地元の人に大事に守られている塚
日向薬師のバス停は近い
藤野入り口バス停にでる
終点
農道わきには彼岸花がようやく芽を出した
名前の分らぬ花も咲いて
快適な畔道を歩く
早魃記念碑と刻んである
この辺りはなぜか墓石屋が
めったやたらと多い
歩いた順路で写真を掲載
ここには関東ふれあいの道が多い
しばらく車道歩き
名前の分らぬ花
農道もハイカ−の為に
草刈りがされている
開けた場所にでた
この道は日向薬師に続く
日向薬師バス停前の彼岸花散策路
畔道には多くの彼岸花が芽を出している
参道入り口で
ムラサキシキブ
衣裳場とは
しばらく苔むした参道を歩く