雨の甘利山ハイク
目次に戻る

梅雨時期とは言え前後は晴れたのにこの日だけが雨

2014.6.22
中央線韮崎駅近くにある南アルプス鳳凰三山の中腹、標高1,731mの甘利山は山頂近くまで車で行くことができ、レンゲツツジが手軽に見られる山としてハイカ−には大人気の山である。一月以上前から準備し特急座席指定券を購入し準備を進めてきたが、一週間ほど前からこの日を中心に天気予報が怪しくなってきた。前日には昼前から何とか雨も止み天候が悪くならないことを願いながら、催行決定をし仲間9人で朝6時半過ぎの新宿駅発の電車に乗り込む。
2回ほど乗り換え韮崎駅には10時に着くが、時々小止み模様となり期待させながらもやはり雨は降り続く、雨が止むことを願いながら予約していたジャンボタクシ−に乗り込む。山頂までの山道は急坂とカ−ブの連続で、タクシ−のドライバ−の話では一週間前は天気も良くジャスト見頃で多くのハイカ−が訪れ、大型バスも多くカ−ブですれ違いできず道路が渋滞し道路は大混雑だったようである。

見渡す限りのレンゲツヅシ

朝早かったのでおなかもすいたまだ11時過ぎ

甘利山

園内はバラ以外の花も愉しむ事ができる

甘利山ツツジ園前で

霧に煙る甘利山山頂(1,731m)

ツマトリソウ


目次に戻る

珍しいバラを発見

田圃の緑が雨に濡れて

        園内から南アルプス鳳凰三山を望む
5月下旬〜6月上旬は素晴らしい景色・・・・・ぜひ来年この時期に訪ねたい

          残念雨と霧で見通し悪し それでも一面の大群落のツツジ
         晴れていれば富士山とアルプスが見渡せる大展望が素晴らしいのに
 ガイドブックでは6月中頃〜下旬となっているが、今回は花の散っているものがあり少し遅かった

ハイジの村

  甘利山駐車場
ここの標高は1,650m ?

甘利山は雨と霧で見通し悪く早々に下山となり、タクシ−で「ハイジの村」に向かう、なんと韮崎駅近くまで戻ってきたら雨も止み少しばかり青空も見えてきた。
ハイジの村は韮崎市の北西、茅が岳の麓にあり、1,000品種約5,000本のバラが植えてあり日本一長い230mのバラ回廊があるバラつくしの園である。
▲ページの先頭へ

韮崎駅前

ウマノアシガタ

   ↑
我々の
乗ったタクシ−

      

歩き始めて10分程で
レンゲツツジの群落が