紅葉の西沢渓谷ハイク

1/3

2014.10.26

自然の造形美に彩られ変化に富んだ瀧と紅葉

目次に戻る

二股吊り橋
この素晴らしさ

瀧と紅葉を楽しむべく山梨県の西沢渓谷のハイクに出かけた。
ここは東京からの距離も遠く交通の便等を考えると日帰りではかなり厳しい場所である、私は朝4時に起きて最寄り駅まで10分程歩き集合場所の新宿駅には午前6時9分に到着ほどなく4人がそろった。12番線からでる6時22発の高尾行きの電車に乗車、それぞれ途中駅からの合流組と合わせ8人全員が高尾駅で顔を合わせる。
高尾駅で小淵沢駅行きの電車に乗り継ぎ塩山駅に降りたのが8時44分、9時5分発のバスは2台で塩山駅を出発する定員乗車で全員座る事ができた。
西沢渓谷登山口に近づくにつれ山々の紅葉は青空に映え素晴らしく車内で歓声があがる。
1時間程で登山口に到着、バスにはコ−ス案内図が用意されていてサ−ビがゆき届いている。

バス停の麓付近も赤や黄色の紅葉で素晴らしい、10時20分頃より歩き出す。
笛吹川の渓谷沿いに歩きだすが、紅葉の真っ盛りで自然の造形美に彩られ変化に富んだ瀧は素晴らしい。
どこから集まってきたのか次からつぎとハイカ−が続く。
七ツ釜五段の滝には12時半近くに到着、しばし瀧を眺め自然の素晴らしさに酔いしれる

最後の急登はかなりかなりきつく仲間の一人がダウン寸前、不動の滝の旧森林軌道(西沢渓谷の一番奥)についたのは午後1時であった。
昼食後は1時45分頃に出発、旧森林軌道を歩くがダラダラと下りでほとんど起伏らしいものはない。

山々の紅葉とどこまでも続く錦繍の路と山々に身も心も黄金色に染まりそうになりながら、ルンルン気分で歩く。
バス乗り場には15時30分に到着、塩山駅からビュ−山梨で新宿駅には19時に戻る。

目次に戻る

左は西沢渓谷入口    
              右は甲武信岳登山口
   

この素晴らしさ

まさしく渓谷美

三重の滝

鎖にしっかり掴まって

この紅葉の素晴らしさは赤と黄色だけでなく
緑の葉があることにより紅葉が一段と冴える

周りの山々もきれいに紅葉

笛吹川の下流方向を望む
空は青く紅葉が映える

紅葉のトンネルを歩く

ここから歩きだす
この辺りも紅葉がきれい

しばらくは舗装道路

バスの車窓から

バスの車窓から

▲ページの先頭へ
次ペ−ジへ

塩山駅南口でバスを待つ

甲武信岳 ?

ここで歩く準備を整える

西沢山荘